仕事の帰りにおいしいものが食べたい!そう思ったら迷わずMahoさんの薬膳料理!【KitchHike体験談】

今回のHIKERさん♪

hiker
Kasekiさん(20代/男性)
・職業広告営業
・HIKER回数2回目
・どんなシーンで?
週末金曜日夜に、おいしいものが食べたくて。
・なんで使ったの?
連休前ということもあり、また行ったことのない上野にも興味があり、体験してきました。
・コメント
Mahoさんの、ひとつの料理を作るのに試行錯誤を重ねている姿勢や気さくな雰囲気、とてもくつろげる空間など、楽しいひと時を過ごすことができました!

HIKERのKasekiです。今回のKitchHikeでは隠れ家のような本屋&キッチンスペースでくつろいだ時間を過ごしてまいりました。仕事帰りに新しいことをしたいなと思いたち、KitchHikeを決意。メニュー探しでMahoさんのメニューをみた時、「ダブルチキン南蛮とは?」「八杯汁?」など、「?」マークでいっぱいでしたが、年末の忘年会続きで荒れた胃腸を整える意味でも、”日本を旅する薬膳”の題名にピンと来るものがあって予約しました。


今回のお品書き

    • ダブルチキン南蛮
    • 椎茸八杯汁
    • 土鍋で炊いた発酵玄米
    • ハートランドビールや宮崎の焼酎、地酒(追加料金)

当日は12月の連休前の金曜日、ROUTE BOOKSにお邪魔しました。上野駅から歩いて10分弱、少し繁華街を入ったところにありました。本当にここかな?とちょっと迷ったところで、入り口にKitchHikeのロゴマークを発見!集合時間の19時半ちょうどにお邪魔しました。

どうやら入り口はこちらのよう。KitchHikeがいよいよ始まります!
どうやら入り口はこちらのよう。KitchHikeがいよいよ始まります!

4階に階段であがるとそこはまさに秘密基地。旅の本があったかと思うと、サボテンがおいてあったり、アンティークの水差しがあったりと、目移りしてしまいます。

本と一緒に植物がディスプレイされていて、なんとも居心地のよい空間が広がっていました。
本と一緒に植物がディスプレイされていて、なんとも居心地のよい空間が広がっていました。

英知 葛石 - IMG_2438_R

 

その一角がキッチンスペースになっていて、すでにMahoさんが料理の用意をされていました。

英知 葛石 - IMG_2475_R

英知 葛石 - IMG_2469_R

Mahoさんは奄美大島で暮らしたことがあり、日本のいろいろな場所を旅されているそうで、その旅先の料理をKitchHikeで作られているとのこと。今日の料理も宮崎での経験を生かして作るとのことで、手作りのメニューも用意をされていました。

Mahoさんの手作りメニュー!
Mahoさんの手作りメニュー!

おいしい!Mahoさんのこだわりが光る宮崎料理

まず目に付いたのがすごい量の鶏肉!Mahoさんによると、胸肉とモモ肉を今日は用意したとのこと。

ダブルチキン南蛮の鶏肉がたくさん用意されていました!
ダブルチキン南蛮の鶏肉がたくさん用意されていました!

肉質を2種類用意しているのがポイントで、ダブルチキン南蛮!と早くも謎が解けてしまいましたが、今日のチキン南蛮はそれ以外にもたくさんのこだわりがあるようです。もちろん肉は切り方にこだわりが。繊維に沿って上手に切ってあげると食感も違うとのこと。また、揚げ粉は今回宮崎県産の米粉。そして揚げ油も米油だけとMahoさんのこだわりが色々とありました。

揚げ上がりが楽しみです♪
揚げ上がりが楽しみです♪

さっくり揚げるのがお好きとのことで、Mahoさんの好みは胸肉とのことでした。私はもちろん両方試したい!プレートにはすでにサラダが盛られていましたが、どんどんチキン南蛮が揚げられているので、早く食べたい!という気持ちがあふれてきます。

着々と準備が進んでいきます。
着々と準備が進んでいきます。

集合時間に間に合わなかった方も、だんだんそろってきました。皆さん少し迷われたそうですが、入り口の看板があって良かったとお話しされていました。今日はMahoさんをお手伝うすることもなかったので、ハートランドビール(追加料金)を飲みながら、自己紹介タイムです。出張帰りの方や、デザイナーの方など皆さんバックグラウンドは様々。でも話を聞きながらも、チキン南蛮を待っているので気分はソワソワ。楽しい時間です。

米油のいい匂いがキッチンに充満しています。パチパチとチキンが揚がる音が食欲を一層誘います!
米油のいい匂いがキッチンに充満しています。パチパチとチキンが揚がる音が食欲を一層誘います!

そうこうしているうちに土鍋のご飯も炊きあがりました。

玄米がふっくら、つややかに炊き上がりました。
玄米がふっくら、つややかに炊き上がりました。

この土鍋ご飯は自然栽培の玄米。一晩水に浸しているそうで、プチプチとした食感だそうです。炊き上がった匂いも素晴らしく、早く食べたい!
また作っておいた椎茸八杯汁もいただきます。

八杯汁の山芋を摩り下ろすMahoさん。
八杯汁の山芋を摩り下ろすMahoさん。

八杯飲めるぐらい美味しいというのがこの汁の由来で、宮崎延岡の郷土料理とのことです。いりこで丁寧に出汁をとっているそうです。いりこ×椎茸で本当に体に良さそうです。

今回チキン南蛮が揚がるのに少し時間差があるので、会場に来た順番にサーブしてもらいました。

揚げたてのアツアツをサーブしてくれました。
揚げたてのアツアツをサーブしてくれました。

私は3番目でしたが、作っている過程も見ているのでおなかはペコペコ。待ちきれずにビールをいただいていました。他にも宮崎焼酎の飲みくらべセットを飲んでいる方もいらっしゃいました。やっぱりチキン南蛮とビールの組み合わせは最高!

英知 葛石 - IMG_2520_R

チキン南蛮のタルタルソースにもこだわりがあり、薬膳としてクコの実と自然栽培の大根のピクルスが入っていました。

英知 葛石 - IMG_2521_R

ダブルチキン南蛮は確かにさっくりです。米油で揚げ焼きにするような形でいくらでも食べることができました。また椎茸八杯汁はやさしい味。これはとても胃腸に良さそうです。(今回いっしょにビール飲んでますが……)また玄米ご飯はプチプチとした食感で、玄米にありがちな硬い食感でもなくおいしくいただくことができました。一晩水につけているのと、土鍋でゆっくり炊くからでしょう。

英知 葛石 - IMG_2530_R

チキン南蛮食べて、ビール飲んで、八杯汁を食べて、玄米ご飯を食べて、チキン南蛮食べて、というループがとまりませんでしたが、これは食べ過ぎに注意ですね。いくら薬膳メニューでもどうにもならないところでした (笑)。

皆さんに行き渡った後で、チキン南蛮もおかわりさせていただきお腹いっぱいになるまで食べました!

今回のKitchHikeではMahoさんを中心に楽しい時間を過ごすことができました。いつもの会社の仲間や友人とは違う繋がりができそうなのも、KitchHikeの楽しいところです。Mahoさんの奄美のお話を少し伺いましたが、田舎暮らしにあこがれる私としてはもっとお話を伺いたいところでした。時間が過ぎるのはあっという間です。(奄美の鶏飯も食べてみたい!)みんなで片付けをして、三々五々解散です。私は皿洗い担当で、宮崎の地酒をいただきながらのんびりした時間を過ごさせていただきました。

楽しく、居心地のよいひと時を過ごすことができました!
楽しく、居心地のよいひと時を過ごすことができました!

Mahoさんの料理へのこだわりやおもてなしの数々など、真似をしたい部分がたくさんありました。Mahoさん、楽しい時間をありがとうございました!

誰のごはんを食べに行く?