ご飯、味噌汁、漬物と副菜。なにげない日常の朝ご飯は、心にとって贅沢なご飯でした。

こんにちは!HIKERのMayukoです。
今回はYukiさんのPop-Upに参加してきました。

 

JR今市駅から歩くこと10分。見えてきたのは「日光みそのたまり漬け」の看板がかけられたとても立派なお店。

物腰やわらかく、丁寧に案内をしてくださったのはCOOKのYukiさん。Yukiさんのお父さんが店主を務めるこちらのお店「上澤梅太郎商店」は、なんと14代も続く歴史ある商店。お味噌にひしお、様々な野菜のたまり漬けを販売してらっしゃいます。

普段は物販のみで、料理を提供することはないそうですが、蔵元であるYukiさんご一家がいつも食べてらっしゃるような「なんでもない、けれど豊かな毎日の食卓」を、私たちHIKERにも体験させてもらえるというなんとも素敵なPop-Upを開催してらっしゃるのです。

ごはんをいただく場所はお店の隣にあるYukiさんのご自宅。
このお家というのが……本っ当に素敵なところで!
立派な門構えをくぐった先に広がるのは立派なお庭、そして案内されたのは伝統的な日本家屋。

障子を開け放ち、広いお庭が一面に見渡せる畳のお部屋でごはんをいただけるんです。

まるで重要文化財の建物の中に迷い込んだかのような感覚(笑)。 東京では滅多に味わえない落ち着いた雰囲気に心が洗われるようです。
外からは柔らかな光が差し込み、凜としてそれでいてどこか落ち着くお部屋に座ると、思わずため息が漏れてしまいました。
もうこのお部屋に入れさせてもらっただけでも充分です。

料理を作るのは、Yukiさんのお母様のりえさん。

事前調べとしてこちらのお店のwebサイトを拝見したのですが、ご家族の朝ごはんは毎日りえさんが作られていて、そのごはんの写真がサイト上にアップされているのです。
基本は白飯、味噌汁、お漬物の3品で構成されていて、それに副菜が数種類つくスタイルです。どれもお野菜たっぷり、見るからに滋味深く寝起きの身体に優しそうなおかずばかりです…

実際に供されたのは、期待を裏切らない、いや期待をはるかに上回る料理の数々!
冷たいものに温かいもの、塩気のあるものに酢のきいたもの、優しい甘さのあるもの…
ひとつひとつのお菜に味や温度の変化があり、素朴でありながらも食べる人への心遣いが感じられる料理たちだと感じました。

きんぴらごぼうは、ごぼうと人参がピーラーで薄く削がれており、一般的な千切りで作るものよりも軽く、サクサクとしたよい歯ごたえ。

白和えは嫌な甘みが全くなくさっぱりしており、それでいて豆腐の濃厚な風味が感じられました。

また、トマトとキウイを切って並べた一品には、本当に「切って並べた」だけなのになぜこんなに美味しいのだという驚きを隠せません。目で見て彩りもとても爽やかですし、トマトの酸味とキウイの甘みが予想以上に合うんです。なんだか勉強になりました。

私の一番お気に入りは、なめこのたまり炊きのたまごとじ。「たまり」というのは、味噌を作る工程でできる上澄みのようなものだそうで、それに野菜などを漬けたものをたまり漬けというそうです。
そんなたまりに漬かり、色も味もしっかりと蓄えたなめこがふわふわの半熟状態の卵に抱かれ湯気を立てている様は、もう、たまりませんよこれ。ごはん泥棒です。

料理の美味しさを思い出していると止まりません…本当に至福の時間でした。


忙しい現代人にとって、もはや時間をとって皆と一緒にゆったりとごはんを食べるということが贅沢になってきている世の中ではありますが、
より多くの人に週に一度、月に一度でも『白飯、味噌汁、漬物』のそろった「豊かな朝食」を楽しんでもらい、心癒されるひとときをすごしてもらえれば、という想いをYukiさんはもってらっしゃるそうです。

Yukiさん、まさに今回私たちは普段と比べたら豊かすぎる朝ごはんをいただくことができました…!
本当に、場所にも、お料理にも、そしてYukiさんご一家のお人柄にも魅了されてしまい、終始静かに感動していました。
魅了されすぎてあれこれとお話を伺ってしまい失礼いたしました(笑)。
でもどのお話も聞き入ってしまうほど面白かったです。
また是非伺いますね!

上澤商店のお漬物やお味噌にハマってしまった方は、すぐお隣のお店で購入できますので、オススメですよ♪(私も今回たくさん買わせていただきました!)

気づいたらこんなに長くなってしまいましたが…
みなさん、素敵な朝食を本当にどうもありがとうございました!^^

みなさんも是非、YukiさんのPop-Upに行ってみてくださいね。

近日開催予定のYukiさんのPop-Upはこちら!

だれのごはんを食べに行く?