ベトナム料理男子が手がける!病みつき必至のハノイの名物「ブンチャー」と「揚げ春巻き」♡

こんにちは!HIKERのKumikoです。
今回は、ChiekoさんのPop-Upに参加してきました!

以前Chiekoさんが作ってくれたベトナムご飯が忘れられず、また今回はベトナム人留学生フィさんとユニット開催するとのことで面白そう!と思い参加しました。

まずは、みんなで春巻きを巻きながら、自己紹介タイム。一番驚いたのはベトナムは男性もお料理が上手だということ!かわいい系イケメンのフィさん、日本語も料理もお上手で器用にもトマトでバラの飾りを作ってくれ女性陣からキャ〜!と歓声 (笑)!

お料理が出揃ったらブン(フォーより細い米麺)やたくさんのハーブ・野菜をスープにつけて食べる「ブンチャー」をいただきます。揚げ春巻き「ネムザン」は皮がサクサク、たっぷり詰まった中身からはうま味がじゅわぁ〜と溢れます。ニョクマム入りのタレが絶妙な甘酸っぱさで、春巻き、ハーブ、ブン、のルーティンは止まりません!完全に中毒です!さっぱりしたベトナムビールがこれまた合う。

ベトナム旅行したとき、パクチーがちょっとして入っておらず不完全燃焼していたのですが、私の求めていたベトナム料理はこれだー!と1人感動。

食後のデザートは「手作りコーラ」!数種のスパイスと砂糖水を煮詰めるだけでシロップが完成。さらに、アイスとおいりを乗せてコーラフロートに。もう興奮しすぎて、みんな子どものようにはしゃぎながら作っていました。

ちなみに、ラムをいれた大人のラムコークもとっても上品な感じで絶品。罪悪感を忘れられない砂糖の量すら許容してしまうほど至福なデザートにうっとり。ベトナムでも食事にコーラを飲む子供が多いみたいなので、現地で作ったら流行るのでは?!

日本語学校の教師であるChiekoさん、ベトナムの魅力にはまりベトナムと日本を繋げられるような食のイベントを開催しているのだそう。ベトナム人の手料理を気軽にいただきながら交流できる、なんて素晴らしい企画でしょう。毎回、違うベトナム男子と新しいメニューで開催するそうなので、リピートしたくなります。

一緒に参加されたHIKERさん達も素敵な人ばかりで、Chiekoさんのお人柄が引き寄せたのだな〜と関心。浜田山のキッチンは初めて訪れましたが、建築デザイナーの奥様が設計したオシャレな部屋とキッチン、素敵すぎました!旦那様もとても気さくな方で、オシャレな友達のお家でホームパーティーしていたような気分でした。

ちえこさん、フィさん、ホストの小川ご夫妻、HIKERのみなさん、とても充実した時間をありがとうございました(*^o^*)✨

ChiekoさんのPop-Upへ行ってみよう

みんなのキッチンオーナー: 小川 望さんのインタビューこちら

仲間と食卓を囲むためのパブリックキッチン。夫妻でリノベした「浜田山の家」・みんなのキッチンオーナー: 小川 望さん