パイナップルの生春巻きに、手作りコーラ?ベトナム料理男子と日本語教師のユニットPop-Up!

こんにちは!HIKERのKyokoです。

今回は、ChiekoさんのPop-Upに参加しました。

私は一度だけベトナムを旅したことがあり、本場の雰囲気が楽しめそうなこちらのPop-Upを心待ちにしていました。

今回の会場は、さまざまな国の方が宿泊するホテル内のお洒落なキッチン。さながら海外旅行に来たような明るい雰囲気です。 Chiekoさんは気さくな笑顔の持ち主で、初めてお会いした気がしないほど。調理担当のベトナム人クォンさんも、揚げ春巻きを包みつつ、にこやかに日本語で答えてくださいます。

さて、本日のメインは生春巻き。美しく盛り付けられた具がテーブルに並び、期待が高まります。

ベトナムでの楽しい体験を交えながらのChiekoさんのお話は、食材、調理法など。日本語講師をされているだけあって、お話がとても分かりやすく、皆さんとの会話もどんどん弾みます。 そして見どころのひとつとして紹介してくださったのは、ベトナム式パイナップルのカット。日本人には想像がつかない技で、クォンさんが剥いてくださったパイナップルの美しさといったら!

お腹の空き具合も最高になったところで、ひとりずつ生春巻き作りに挑戦。一見、難しそうに思えますが、Chiekoさんが丁寧に教えてくださるので大丈夫。相性の良い具の組み合わせ、日本人には珍しい具の組み合わせなど。わいわい盛り上がりつつ、全員がとてもきれいに巻くことができました。

別添えで、ベトナムの定番の甘酸っぱいソース(大根の飾り切りがかわいい)、ピーナッツと味噌の香ばしいソース、発酵魚の調味料入りのコクのあるソース(お酒に合いそう)など。

本場さながらのソースは感動ものです。 揚げたての揚げ春巻きもいっしょに盛り付けたら、美味しいワンプレートの出来上がり。たっぷり用意してくださったハーブと共に頂く、なんとも幸せな瞬間でした。 もうひとつのメインのスペアリブとトマトのスープは、クォンさんのお人柄が表れたような素直な優しいお味。しみじみ美味しいです。

デザートには、目の前でスパイスを煮出して作ったコーラ液を炭酸で割り、アイスクリームを添えた、特製コーラフロート。カラフルなトッピングで、目でも楽しめる“大人のコーラ”の出来上がりです。

楽しい時間は早いもので、あっという間に終了時間となりました。全体を通して印象に残ったのは、会話の中でさりげなく紹介されるChiekoさんの思いや真摯な姿勢。そして生徒さんとはいえ、これだけ快適なイベントをお二人で運営できるのは、日々の信頼関係なしでは考えられません。

お料理と同じくらい感慨深く、レストランでは味わえない貴重な体験になりました。 これからますます人気のCOOKになりそうですので、興味を持たれ方はお早めに参加されることをお勧めします!

ChiekoさんのPop-Upへ行ってみよう!