渋谷で世界のヴィーガン料理を味わえる!毎週水曜の夜だけオープンする秘密の食卓♪【KitchHike体験談】

こんにちは! KitchHike編集部のちえこです。
今まで、外国人の食卓で世界の家庭料理を食べに行くというのがKithHikeの定番ではありましたが、最近は食卓の場所や料理もいろいろで、日本人による海外料理教室であったり、カテゴリに捉われない独自の創作料理や、自分の家ではなくみんなが足を運びやすい場所でおいしい料理を作ってくれるようなCOOKが増えてきました。
今回は、世界各国の料理を元にしたヴィーガン料理をふるまっているCOOKタカコさんの体験談レポートです。KitchHikeのあるキッチン付きシェアオフィス「PoRTAL」で、毎週水曜の夜にだけオープンする秘密の食卓です。まさにPop-Up restaurant!

▼今回のメニュー▼

メニューボタンCOOK一覧ボタン

週末は有機無農薬野菜を作っているタカコさん

タカコさんは、ここ3年ほど東京と郊外の2拠点生活をされていて、週末は茨城で有機無農薬野菜を栽培しているそうです。

野菜の種類は全部で30種類ほど。ときには無農薬で野菜を育てる難しさと奮闘されていらっしゃるようですが、夏は比較的野菜をつくるのが簡単だそうで、ナス、トマト、キュウリ、オクラ、シシトウなどがどっさり収穫できると、楽しそうに話してくださいました。

野菜にこだわるタカコさんのお話はとても勉強になります。
野菜にこだわるタカコさんのお話はとても勉強になります。

実は、タカコさんがつくる料理は、動物性食品を一切使わないヴィーガン料理。肉や魚はもちろん牛乳も卵も使いません。

タカコさんがヴィーガン料理を手がける理由の一つに、環境への配慮があるそうです。

環境への配慮と料理がどういう関係にあるかというと、たとえば私たちが食べている牛を始めとする畜産動物の数にあります。地球上で飼育されている畜産動物の数はおよそ600億頭、そして地表全面積の約30%が畜産で使用されているといわれていて、実はそこから排出される二酸化炭素やメタンガスは、なんと私たちの人間活動で排出される二酸化炭素よりも上回る量。それが深刻な地球温暖化へとつながっているんです。

そういったことから、環境汚染に拍車をかける食生活ではなく、環境に優しく持続可能な食生活を送るために野菜を中心としたヴィーガン料理を続けているんだそうです。

はてさて、動物性食品を一切使わない料理が環境に良くても、やっぱりごはんはおいしく食べたいですよね。そして、そんな期待に応えてくれるのが今回のタカコさんの料理なんです!

メニューは普通の料理と変わらない♪

今日のメニューはこちらの5品。

  • 大根と大豆といんげんのケララ風ココナツミルクカレー
  • クミン風味のキャロットライス
  • じゃがいもとトマトのクミン炒め
  • カチュンバル (サラダ)
  • ソイマサラチャイ

一見しただけでは、そこまで「野菜ばかり」という印象はなく、と〜ってもおいしそうです!テーブルの上にあった「本日のメニュー」を見ると料理に使われている素材の産地が細かく記されていました。食材への並々ならぬこだわりを感じます。「veganic high」という名でタカコさんオリジナルのヴィーガンメニューが出されているようです。

さて、食べる楽しみもそうですが、作っている様子を見られるのもKitchHikeの楽しさの一つ。ということでクッキング・レポートです。

まず、「クミン風味のキャロットライス」。
お米は2日間水に浸して発芽をさせた発芽玄米!発芽玄米は、玄米よりも栄養があって身体に優しいんだそうです。

玄米が発芽しているのでお米の色も若干白っぽく、またお水をふくんでいるのでふっくらしたお米になっています。
玄米が発芽しているのでお米の色も若干白っぽく、またお水をふくんでいるのでふっくらしたお米になっています。

そこへ、たっぷりのニンジンとクミンを投入します。

お米と一緒にこうしてニンジンなどの野菜を炊けば、手軽に野菜がとれますね。とても参考になります。
お米と一緒にこうしてニンジンなどの野菜を炊けば、手軽に野菜がとれますね。とても参考になります。

タカコさんはお料理にた〜っくさんのクミンを使うことも多いそうで、なんと業務用のクミンをいつも購入されるそうなんです!!

じゃーん。クミンの大袋です!業務用なので一般のスーパーではなかなか売っていないそうです。
じゃーん。クミンの大袋です!業務用なので一般のスーパーではなかなか売っていないそうです。

そして、最後にオリーブオイルを入れます。

そのままで飲めるエキストラバージンオリーブオイルを使用。おいしさへの期待がつのります!
そのままでも飲めるエキストラバージンオリーブオイルを使用。おいしさへの期待がつのります!
あとは、圧力鍋をセットするだけ!炊きあがりが楽しみです。
あとは、圧力鍋をセットするだけ!炊きあがりが楽しみです。

次に、今日のメインでもある「大根と大豆といんげんのケララ風ココナツミルクカレー」です。

注目すべきはこちらの「カレーリーフ」というハーブ。実は日本ではあまり売られていないそうですが、今回はハーブを育てている友人がどっさりと分けてくれたとのこと!そんな貴重な素材が使われたお料理を食べられるなんて、今日はラッキーです、私 (笑)。

「カレーリーフ」。南インドやスリランカのカレーには必須のハーブだそうです。
「カレーリーフ」。南インドやスリランカのカレーには必須のハーブだそうです。

今日のカレーは南インドのケララ地方のカレーで、特徴はスパイス使い。お鍋から、なんとも言えぬスパイスの良い香りが漂ってきます。
カレーの具材のひとつに大根が使われています。実はインドではカレーに大根がよく使われるそうなんですが、まさかインドでも食されているとは、ちょっと意外でした。

たっぷりの大根、大豆、インゲン、そしてカレーリーフが入っています。とってもおいしそうです。
たっぷりの大根、大豆、インゲン、そしてカレーリーフが入っています。とってもおいしそうです。

こちらは、付け合わせの「ジャガイモとトマトのクミン炒め」。
ジャガイモとトマトって、すてきな組み合わせですね!思わずビールにも手が伸びてしまいそう!

ここにも、クミンがたっぷり。作り置きのお惣菜にしたいほど頻繁にたべたくなる一品です。
ここにも、クミンがたっぷり。作り置きのお惣菜にしたいほど頻繁にたべたくなる一品です。

最後は「カチュンバル (サラダ)」。
野菜を細かく切ったインドのサラダです。生野菜たちがみずみずしく光っていて、とってもおいしそうです。

トマト、キュウリ、タマネギ!味付けは、オリーブオイル、レモン、塩、胡椒、クミンととってもシンプル。
トマト、キュウリ、タマネギ!味付けは、オリーブオイル、レモン、塩、胡椒、クミンととってもシンプル。

サラダには、パクチーをたっぷりとのせます。

パクチーも育てていらっしゃるタカコさん。
パクチーも育てていらっしゃるタカコさん。

そして、待ちに待った「クミン風味のキャロットライス」が炊きあがりました〜!

ご飯がたっぷり盛られます。
ご飯がたっぷり盛られます。

だんだんと、おいしいそうなごはんのプレートが完成していきます。出来立てのカレーをカップによそえば、完成です!

review-vegan-takako-chieko8

信じられないほど濃厚なおいしさ!

ついに、待ちに待ったごはんタイムです♪
早速カレーを一口頂くと……これが信じられないほど濃厚でめちゃくちゃおいしい〜!!

私は、味が濃いめのインドカレーが大好きで週に1回は必ず食べるほどなのですが、タカコさんのカレーはそんなインドカレーよりもおいしいです。野菜だけなのに、なんでこんなにコクがあるの??と驚くばかり。

ワンプレートなので小振りに見えますが、実際は、大食感のわたしでも満足なボリュームでした!
ワンプレートなので小振りに見えますが、実際は、大食感のわたしでも満足なボリュームでした!

カレーにはインゲン、大豆、大根がゴロゴロ、スパイスもキリリと効いていて、もはやスプーンが止まりません。キャロットライスと合わせて食べたり、そのまま食べたり……。ん〜♪ おいしい!
そういえば、ゆっくり食べていても、なぜかずっと熱々のまま!
水分の多い大根が入っているのに、どうしてこんなに濃厚なの?
あれ……?なんだか身体がじわじわと元気になってきた気がするかも……?
多くの不思議が飛び交いましたが、とにかくおいしいので、夢中で食べ続けました (笑)。

付け合わせの「じゃがいもとトマトのクミン炒め」は、見た目からおいしそうではあったのですが、実際に食べてみるとこれまたクミンが効いてお箸が止まらぬ味です!!こんなにおいしいお惣菜が毎日自分でつくれたらいいな〜という一品。

「カチュンバル (サラダ)」は、他のお料理とは違って、とってもさっぱり!シャキシャキと歯ごたえがよく、いくらでも入りそうです。

食後もやっぱり身体に優しい甘い一品♪

ごはんを食べ終える頃になると、タカコさんが後ろでお茶の用意を始めていました。

いつのまにか用意されていたティーカップたちにウキウキしてしまいます。
いつのまにか用意されていたティーカップたちにウキウキしてしまいます。

今回の甘い一品は「マサラ・チャイ」。
もちろん、牛乳ではなく、豆乳を使って作ります。しかも今回使われている「ふくれん」の豆乳は国産の大豆にこだわった高級品です!

国産大豆にこだわった九州の「ふくれん」の豆乳です。
国産大豆にこだわった九州の「ふくれん」の豆乳です。
惜しみなく、たっぷりの豆乳でチャイを作ってくださいました。
惜しみなく、たっぷりの豆乳でチャイを作ってくださいました。
食べ終わった方たちへ、次々に出来立てのチャイが運ばれていきます。
食べ終わった方たちへ、次々に出来立てのチャイが運ばれていきます。

お味はというと、と〜っても濃厚!スパイシーでコクもあり、チャイならではのリラックス効果も感じられ、ほっこりとした気分になります。

チャイにもた〜っぷりのスパイスが入っています。
チャイにもた〜っぷりのスパイスが入っています。

次の日も、また食べたい!って心から思えるごはん

ヴィーガン料理歴10年のタカコさんは、なんと毎回異なるメニューを考案されているそうです。そして、今回はここ「PoRTAL」での146回目のごはん会でした!来週のメニューはなんでしょう……?

それにしても、野菜だけでこんなにおいしい料理を創りだせるなんて、本当にただただ驚くばかりです。

タカコさん曰く
「食べる前から、お肉が使われていないといって敬遠されるのが嫌なので、最初にヴィーガン料理って言いたくないんです (笑)。料理を出して、その人が食べているところで、”これ、実は野菜だけなんだよ”って種明かし。そうすると、みんな結構驚いてくれるんですよね。ちょっと騙してみたいんです (笑)。」
と、なんだかお茶目なタカコさんを垣間みました。

次から次へとやってくる方のためにひとつひとつ丁寧に料理を出して行くタカコさん。
次から次へとやってくる方のためにひとつひとつ丁寧に料理を出して行くタカコさん。

本日、同じ時間帯でテーブルを共にした方は、
「たまたま友人がここで働いているから、立ち寄った」という方、
「タカコさんと共通の友人がきっかけで毎週会社帰りにタカコさんの料理を食べに足を運んでいる」という方、
そして、このシェアオフィスで働いている方……などなど。

大きな一枚テーブルでタカコさんの料理を食べるので、初めてお会いする方ともいつのまにか話が弾み、ごはんを食べ終わってからも長く居座ってしまいました (笑)。

タカコさんは、大の旅好き。珍しい所ではケニア、タンザニア、シリアなどに行ったことがあるんだそうですよ!楽しい旅の話もしてくれます。
タカコさんは、大の旅好き。珍しい所ではケニア、タンザニア、シリアなどに行ったことがあるんだそうですよ!楽しい旅の話もしてくれます。

「次の日も、また食べたい!」って心から思えるごはんって実はそんなに多くないと思います。
タカコさんのモットーは、材料へのこだわりはもとより、食べる人の「おいしい」という言葉を聞くために料理をなさっているんだそうです。思いやりたっぷりですね。

タカコさんは毎週水曜19:00〜23:00くらいまでごはんをつくってくれるそうですよ!

ヴィーガン、ベジタリアン、肉食、魚好きな人、関係ありません!
まずは、タカコさんのごはんを1度食べに行ってみてください。
おいしい料理で癒されるって、こういうことなんだな〜と体感できた日でした。

タカコさん、ありがとうございました!ごちそうさまでした♪

Information

毎週水曜の夜は、タカコさんのヴィーガン料理を食べにいこう♪
メニューボタンCOOK一覧ボタン