台湾の定番料理「ルーロー飯」と、あの「パイナップルケーキ」が習えるIkukoさんの料理教室へ行ってきました♪【KitchHike体験談】

今回のHIKERさん♪

hiker
Maiさん(30代/女性)
・職業 教育関係勤務
・HIKER回数 初めて

・どんなシーンで?
土曜日の昼間に参加しました。
・なんで使ったの?
ちょうど、Ikukoさんの台湾料理教室が近所であることを知ったからです!
・コメント
レシピ通りに進む料理教室と違って、コツを教わりながら、おしゃべりしながら楽しく学べるので本当に良かったです!

こんにちは、HIKERのMaiです。今回は、代々木公園の近くにお住まいのIkukoさんのご自宅にて、台湾の人気メニューが作れるようになる料理教室に参加しました。

我が家から徒歩20分で到着。近所でCOOKを探していた私には嬉しい距離でした。この辺りは小さな町ながらも、おしゃれで実は有名なレストランやパン屋さんがたくさんあって、面白いスポットでもあります。

歴史ある神社のそば、住宅街の中のステキなご自宅にお伺いしました。今回は4名という少人数で、アットホームな雰囲気で和やかに始まりました。Ikukoさんのご家族のお顔も見られてまさに家庭的な雰囲気です。
本日のメニューは、台湾の人気のメニュー!「魯肉飯」「大根とふわふわ卵のスープ」「パイナップルケーキ」の3品。スパイスを利かせた本格的な、でも日本人向けにアレンジされた家庭料理です。

テンションが上がる!プチ・スパイス講座からスタート

「暑いので水分補給してくださいね」とお茶を出してくださり、ホっとリラックスしてスタートです。
先生はスパイスコーディネーターの資格も持っているそうで、まず始めにレシピに沿ってスパイスの知識を教えてくれました。魯肉飯には、「五香粉」という八角、陳皮、花椒、シナモン、クローブの5種類を混ぜた中国のミックススパイスを使用するのですが、なんとも異国の香りといったところでしょうか。「あー!これこれ!」という感じでみんなのテンションが上がります。

なかなか家では1から揃えずらいスパイスがズラーリ!
馴染みのないスパイス、そしてその香りに思わず異国へ想いを馳せてしまいます。

パイナップルケーキに使うシナモンやカルダモンなど、売っているのは見たことがあるけど、なかなか馴染みのないスパイスも登場。「家庭料理で使えるんだ!」という期待と「なんかカッコいい (笑)!」というワクワク感でキッチンが華やぎました。

「こんなスパイスもあるんですよ」と先生が見せてくれたのは、月桂樹やブラックペッパー、コリアンダーの種など。みんなクンクンの香りを嗅いで、盛り上がります。「煮込み料理に月桂樹を入れると、仕上がりが全然違う」など、今日使用しないスパイスの使い方までも教えてくださり、スパイスへの興味がどんどん湧いてきます。こんな楽しいお話を聞いていると、これから始まる料理教室への期待感がどんどん高まって行きました。

Ikuko先生のレクチャーに、期待が高まります♪
Ikukoさんのレクチャーに、みんな集中しています!とっても楽しいんです。

ついつい眠ってしまいがちな食材の新たな使い方に気づける!魯肉飯づくり

まずはお肉から脂身を取り除きます。
あまり普段手にしない大きな豚肉の塊です!

まず分厚い豚のばら肉の脂部分を切ってフライパンに。これで油は引かないでも大丈夫です。

豚肉の脂身も、残さず活用
豚肉の脂身も、残さず活用できていいですね。旨味たっぷりの予感がします。

次に、油を取り除いた豚肉を大きめのみじん切りに。豚肉の塊をダイナミックに切っていきます。

手分けして作業していきます
手分けして作業していきます。
お肉が焼けるいいにおいがしてきます!!
お肉が焼けるいいにおいがしてきます!!

そして、豚肉を野菜などと一緒に炒めて煮込むのですが、コクを出すためにフライドオニオンも投入。フライドオニオンは、なかなか使い道が狭いと思っていてついつい余らせてしまう食材だったのですが、ハンバーグやチャーハンにも使えるとのこと。こういうちょっとしたことを教えてくださるので、「材料も余らせないで作れるし家に帰ってからも作ってみよう!」という気持ちになりますね。
スパイスも入れて煮こむと、アジアンな香りが立ち込めます。弱火で30分煮込めば完成です!

お肉にある程度火が通ってきたところでスパイスも投入!!
味付けやスパイスも入り、台湾の香りがしてきました〜!
落し蓋をして、じっくりコトコト
あとは落し蓋をして、じっくりコトコト……。

卵がふんわり!お野菜とベーコンのスープ

ふわふわ卵のスープは、コクのある魯肉飯にぴったりのスープです。野菜とベーコンのスープで簡単そうに思えるのですが、ベーコンの脂身を柔らかく、卵をふんわりさせるコツを教えてもらったりして、とても勉強になりました。

だんだんと食卓の準備が整ってきました!
だんだんと食卓の準備が整ってきました!

みんなお待ちかね!台湾名物の「パイナップルケーキ」♪

そして、いよいよみんなが待ちに待ったパイナップルケーキ。みなさん「これがどうしても作りたかった!食べたかった!」と参加の動機になっていたようです。

パイナップルジャムがた〜っぷり!これから焼き上げていきます♪
パイナップルジャムがた〜っぷり!これから焼いていきます♪

「本場のパイナップルケーキをアレンジしました」とIkukoさん。オーブンから焼き上がった時にはみんなから「わぁ」っと歓声が♪

なんてかわいい姿なんでしょう!そしてなかなか大きいですね!
なんてかわいい姿なんでしょう!そしてなかなか大きいですね!

早速、試食。やはりお土産で買うケーキとは全然違います。出来立てが手作りで食べられるなんて感動!です!冷ましてからでないと切れないので、まずは端っこを味見のように食べたのですが、これだけでも、とっても美味しい。パクパク止まらなくなりそうな手を止めて、お土産にさせていただきました。

おいしい匂いとともに、お料理が完成!

次々と順調にお料理が仕上がっていきます!!

今すぐにでも食べたくなってしまいます。
今すぐにでも食べたくなってしまいます。
みんなで手分けして、食卓の準備をします。
みんなで手分けして、食卓の準備をします。
出来上がり〜!
出来上がり〜!

食事の際、自家製のピクルスを出してくださり、とっても美味しかったです。お庭で育てたというホワイトゴーヤもお土産にいただきました。

彩り鮮やかなお野菜達のピクルスはおいしくって、そしてなんといっても、オシャレですね!
彩り鮮やかなお野菜達のピクルスはおいしくって、そしてなんといっても、オシャレですね!

帰りには、そのあと用事があった私をバス停までワンちゃんと送ってくださり、なんだかほっこりの嬉しい一日になりました。
Ikukoさんは、以前は料理教室の先生だったそうで、教えることにとても慣れていらっしゃいました。
レシピ通りに進む料理教室と違って、コツを教わりながら、おしゃべりしながら楽しく学べるので本当にお勧めです。お土産で持って帰ったパイナップルケーキですが、我が家では主人の手が止まらなくなり、一瞬にして大きなケーキを全てぺろりと食べていました!!

美味しくて楽しい料理教室、みなさんもぜひ参加されてみてくださいね!

information