お肉を一切使わないのに、お腹が大満足♪毎日食べたくなる台湾料理をいただきました!【KitchHike体験談】

こんにちは、KitchHike編集部のYumiです。
今回は2016年1月にKitchHikeへ登録したての台湾人COOKアンナ (Anna) さんの食卓をKitchHikeしてきたので、早速レポートをしたいと思います!(2016年よりキッチハイクは旅先での利用から、日常での利用にシフトしました。https://kitchhike.com/

渋谷から電車でおよそ50分ほどのところにある日野駅。電車から降りた瞬間から都会の喧噪とは違ってのどかな感じ。当日はあいにくの雨でしたが、晴れている日はきれいに富士山も見ることができるそうです。
雨にも関わらず、階段を下りたところにアンナさんが私達のことを待っていてくれました!

DSC01921_R
雨の中、アンナさんが駅まで迎えに来てくれました。

とってもオープンな性格のアンナさん。会った瞬間からまるで昔から知っているかのように話が弾みます。
そして、あっという間にお宅に到着しました。

……!!
そして、なんと!!入り口に、台湾で作ったと言われる自前の「KitchHike」のポスターが貼ってあるじゃないですか!まるで「KitchHike」の支店のよう…… (笑)。

DSCF4644_R
まるで、「KitchHike」の支店のような店構えですね (笑)

編集部としては、嬉しすぎる始まりです。
しかも室内にも貼られていました!

DSCF4648_R
「台湾で印刷してきたのよー」とアンナさん。ちなみに水をはじく特殊な素材でできているそうです(笑)。

なんと、私たちがKitchHikeで最初のお客さんだったようで、相当気合を入れてくれたみたいです。嬉しいですね~。お宅に入ると、そこには笑顔のアンナさんのお友達2人もいらっしゃり、手厚いお出迎えに大感激でした。

アツアツ、ふかふか、シャキシャキ!「水煎包」を実際に包んでみた♪

アンナさんはベジタリアン一家に生まれ育った関係で、KitchHikeのメニューも全てベジタリアン料理。食材に対するこだわりが伝わってきます。

DSCF4782_R
自家製辛味醤!たくさんのスパイスを独自にブレンドし、素材の旨みを引き出します。

本日の献立は台湾精進料理セットで、「大根もち (大根餅)」「 精進しゅうまい (精進焼売)」「サンラータン (酢辣湯)」、「シェイ チェン パオ(水煎包)」「オーギョーチー (愛玉子)」そして台湾を代表するお茶の一つ「こうざん茶 (高山茶)」です。

さて今回は、「シェイ チェン パオ(水煎包)」を作る体験をしました!最初にアンナさんがデモンストレーションをしてくれ、それを踏まえて個人作業に取り掛かります。
「シェイ チェン パオ(水煎包)」と「大根もち」のレシピは、「身体に優しくておいしい♪本場台湾のベジタリアンから教わる「シェイ チェン パオ (水煎包)」と「大根もち」の作り方」をご覧ください!

DSCF4672_R
具材をスイスイ包んでいくアンナさん。流石、手つきが慣れていらっしゃる様子。

やり方を把握したところで次は実際に挑戦します。
すでにアンナさんが具材と生地を準備してくださっていました。
この生地、本当にやわらかくて気持ちいい!でも、だからこそ具材を包むのにコツが必要なのです。

DSCF4694_R
あれれ、思っていたより難しい!!具材をしっかり包むのにコツが必要です。

見かねたアンナさんが、助けてくれました (笑)。

そして、なんとか完成!そしてこれを焼き目がつくまで蒸し焼きにします。

DSCF4709_R
蒸し焼きのBefore / After

火が通るとふわぁっと一回り大きくなりました。すごい!
しかし、目をちょっと放している隙に片面が焦げてしまいました……ひっくり返す丁度良いタイミングを逃してしまったようです。

DSCF4724_R
左が私の作品。こげ色がつきすぎてしまいました…… (笑)。

でもまあ、それも愛嬌!ということで焼きたてをいただきます!

DSCF4751_R
出来たてはアツアツです!猫舌さん、要注意ですよ!

ひとくち食べてびっくり!焼きたての「シェイ チェン パオ(水煎包」はアッツアツで生地はフカフカ、具はシャキシャキ!これ、本当に美味しいです。アンナさんお手製の辛味醤につけて食べるとまた最高です。

ボリューム満点のベジタリアン料理だから普通の料理と変わらない!

「シェイ チェン パオ(水煎包」を味わっているうちにどんどんお料理が出てきました!

DSCF4740_R
どんどんお料理が運ばれてきます!

私達が来る前に色々準備して待ってくれていたようです。ありがたいですね。
そして全てがベジタリアン仕様!お肉を一切使っていないのに、満足感が半端じゃないです。

そしてこちら、麻婆豆腐です!

DSC01944_R
調味料から手作りの麻婆豆腐。感動的な美味しさ。

今まで食べた麻婆豆腐の中で一番美味しかったです。
手作りの豆板醤と、辛味醤を使っているそう。お肉が使われていないのに味に深みがありました!食べ進めているうちにどんどん体がポカポカしてきました。

うーん、大満足!そして最後にデザートの「オーギョーチー (愛玉子)」!

DSC01947_R
ポカポカしてきたところに涼しげなデザートがこれまた嬉しいです。

爽やかなレモンとちゅるんっとした食感が口の中をさっぱりさせてくれます。「高山茶」の香りを楽しみながらいただきました。

アンナさんが出してくれた料理1品1品が本当に美味しくて、終始テンションが頂点に!
アンナさんとの会話から彼女のベジタリアン料理に対するこだわりや愛が伝わってきました。さらにアンナさんは、ベジタリアンの料理大会で優勝経験もあるそうです!

DSCF4780_R
ベジタリアン料理コンテストでもらったトロフィーを手に微笑むアンナさん

現在アンナさんは台湾からの旅行者に日本を案内する仕事をしています。台湾では人口の10パーセントがベジタリアンで、日本と比べてベジタリアン食はもっと一般的。でも日本ではベジタリアンレストランを見つけることに一苦労です。
そんな彼女の今の目標は「ワンコインベジタリアン食堂」を開くこと!
値段が張る割にあまり美味しくない、満足感が得られないというイメージを持たれがちなベジタリアン料理。だからもっと気軽においしく楽しめる機会を提供したいのだそう。

思わずお腹一杯食べちゃいましたが、胃もたれは全然しませんでした!これってやっぱり使っている食材にこだわりがあるからなんだろうな。

フレンドリーでおもてなしの心に溢れるCOOKアンナさんやアンナさんのお友達のみなさんから元気をもらい、おいしい食事で幸せを感じることができました!

DSCF4656_R
みんなでポスターの前で仲良く集合写真を撮りました!

みなさんも、是非アンナさんに会いに行ってみてください!ごちそうさまでした。
次回は、アンナさんのおいしいレシピをご紹介しますのでお楽しみに!