スリランカの自然の恵みがたくさん!家族想いのおいしい家庭料理に、身も心もほっこりしました♪【KitchHike体験談】

こんにちは。ついに、やっと、初めてのHIKER体験をしてきたNaokoです。

KitchHikeの存在を知ったのが2015年夏なので、HIKERデビューまでに1年近くかかってしまいました。聞くところによると、今回訪れたナディー(Nadee) さんも、COOKとして登録した後、積極的に動き出すまでに少しブランクがあったとか。お互いに理由は、「最初はなんとなくちょっぴり不安」ということ。COOKもHIKERも同じなのですね。でも現在では、ナディーさんはたくさんのHIKERと出会っているそう。私も今回実際に体験してみて、もっと早く申し込んでみればよかった!とちょっぴり後悔するほど、楽しいKitchHikeになりました。まずは、一歩踏み出してみるべし、ですね!

さて、私の初、KitchHikeは、初、スリランカ料理です。

▼今回のメニュー▼


メニューボタンCOOK一覧ボタン

調理は3時間も?!家族の健康を考えたスリランカ料理

ナディーさんのメニューはとってもたくさん!

  • 魚ご飯
  • ココナツミルク入りポテトカレー
  • 野菜サラダ
  • 魚コロッケ
  • 日本ではあまり見ないブランジャル・モジュというナス料理
  • ミルクティー/しょうがティー

このうちのいくつかは既にお料理が出来上がっていて、どんなお料理なのかを説明してくれました。そして、「魚ご飯」と「魚コロッケ」の2品については、仕上げの調理を目の前で披露してくれました!

まずは、「魚ご飯」です。

炒めるときに使う油はオーガニックのココナッツオイル!
炒めるときに使う油はオーガニックのココナッツオイル!
まずは、野菜をいためます。
まずは、野菜をいためます。
スパイス、ハーブとともに炊かれたご飯、おいしそう〜!
スパイス、ハーブとともに炊かれたご飯、おいしそう〜!

そして、炊き上がったご飯を野菜と混ぜ、さらに魚を投入して炒めていきます。

ライスに炒められた野菜が加わり、彩りが増えました!満遍なく野菜とお魚が行き渡るようにしっかり混ぜます。
ご飯に野菜が加わると、彩りが鮮やかになりました。満遍なく野菜とお魚が行き渡るようにしっかり混ぜ合わせます。

続いて「魚コロッケ」です。

こちらが油で揚げる前の状態。丸く、コロコロしていてかわいらしいです!
こちらが油で揚げる前の状態。丸く、コロコロしていてかわいらしいです!

衣をつけた魚コロッケを揚げます!

こんがり、いい色に揚がってきました。
こんがり、いい色に揚がってきました。

写真ではなかなかお伝え出来ないのですが、側でみているとナディーさんの手際の良さに目を奪われてしまうほどお見事です。お料理が進んでいる間もたっぷりお話を聞かせてもらいながら、あっという間に仕上がっていきます。

さて、ナディーさんのキッチンには、色とりどりの香辛料がずらっと並んでいます。

みごとな数のスパイスです。日本の家庭ではこの数のスパイスを使いこなすのは難しそう…!
みごとな数のスパイスです。日本の家庭ではこの数のスパイスを使いこなすのは難しそう…!

素材にこだわるのも、やっぱり家族の健康のため

ちなみに、こちら香辛料の元になる植物は、なんとナディーさんのご実家のガーデンで育てたものとのこと。スリランカのお料理に欠かせないココナツオイルやココナツミルクも、ご実家では実を収穫して絞るそうです。新鮮な食材で、安心安全な、本物の家庭の味なのですね。土器のお鍋で調理するのも「身体に良い」からというナディーさん。この土器のお鍋、とても小さく可愛いいんですよ。食材もいろいろ使われていて、お料理の出来栄えもすごく鮮やかなのですが、スリランカの家庭料理が大切にしているのは、「家族の健康」だということが、すごく伝わってきました。

土器を使用して素材への影響にも気をつけています。
土器を使用して素材への影響にも気をつけています。

今回、すべてのお料理を完成させるのに、3時間はかかると聞いて、びっくり!スリランカのお母さんは大変ですが、家族の絆が強く愛情深い国なのですね。

楽しい文化交流ができるランチタイム♪

今回はナディーさんのお母さんが来日されていて、ご一緒することが出来ました。せっかくなので、ナディーさんのお母さんから、スリランカの言葉「シンハラ語」を教わることに。ほんとに何にも知らないので、耳で聞いて発音するというのを繰り返しで覚えた言葉をちょっとご紹介します。

「ありがとう」ステゥーティ
「いいにおい」スーウァンダイ
「おいしい」ラサイ
「かわいい」ラッスナイ
「さよなら」アユボーワン

実際、カタカナでは表現できない発音であったりもしますが、多分こんな感じです (笑)。

お料理がすべて完成したところでテーブルの中央に並べ、自分のお皿にお料理を取りわけます。

スリランカの「魚コロッケ」にかわいらしい「野菜サラダ」
スリランカの「魚コロッケ」にかわいらしい「野菜サラダ」
ココナツミルク入りポテトカレー
ココナツミルク入りポテトカレー
香辛料で食欲をそそられるナスの炒め物「ブランジャル・モジュ」
香辛料で食欲をそそられるナスの炒め物「ブランジャル・モジュ」
香りがとってもいい「魚ご飯」
香りがとってもいい「魚ご飯」

いかがでしょう!色鮮やかで目にも楽しいスリランカ料理がずら〜り!

美しく並べられたお料理はどれも美味しそう!
美しく並べられたお料理はどれも美味しそう!

ナディーさんからスリランカのお作法を教わって、お皿の中央にご飯、手前にはスペースを残して、ご飯の周りにおかずを盛っていきます。

盛りつけ方にお作法があるなんて、少しびっくりしました。
盛りつけ方にお作法があるなんて、少しびっくりしました。
盛りつけをしているナディーさんを見ていると思わずほっこりしちゃいます。ひとつひとつを丁寧に大切に扱っている姿がとても素敵です。
盛りつけをしているナディーさんを見ていると思わずほっこりしちゃいます。ひとつひとつを丁寧に大切に扱っている姿がとても素敵です。
素敵なプレートが出来上がりました。
素敵なプレートが出来上がりました。

さて、ナディーさんに食べ方を教えてもらいながら、手を使って食べてみます!ポイントは、さきほどお皿に残しておいたスペースを使ってご飯とおかずを指でよく混ぜるということ。そして、指で摘んで口へ運びます。なんといっても初めてなので、食べ方がぎこちないかもしれないな〜と思ったのですが、ナディーさんに「上手!」とOKをもらえました。なんだか、無性にテンションが上がって嬉しいです。

ナディーさんのお母さんとナディーさん。
ナディーさんのお母さんとナディーさん。

食事中に、ナディーさんのお母さんと目が合うと、にっこり。「ラサイ!(おいしい!)」と、覚えたてのシンハラ語もスムーズに言えてる気分♪

食後は生姜入りのチャイと、メニューにはなかったデザートを頂きました。ナディーさん曰く「今日はこのハニーがあるからラッキー。」とのこと。いったい何でしょう?

チャイには生姜をいれます。
チャイには生姜をいれます。
食後にはほっと一息、チャイを1杯。まろやか且つ、スパイシーな味わい。
食後にはほっと一息、チャイを1杯。まろやか且つ、スパイシーな味わい。

ナディーさんの言うハニーとは、「キトゥル」という天然甘味料のこと。ハチミツやメープルシロップにも似ているのですが、原料は「孔雀椰子」という椰子から抽出しているものだそう。

とても甘いのに口どけはさらっとして風味もある。ヨーグルトに良く合います。これも健康にいいとのこと、スリランカ料理は、まるで自然の恵みをたっぷりいただくようなそんな身体に優しいお料理であふれている気がしました。

今回特別のデザート!ヨーグルトのハニーがけ。ヨーグルトのさっぱり感と、ハニーの甘さがマッチしています。
今回特別のデザート!ヨーグルトのハニーがけ。ヨーグルトのさっぱり感と、ハニーの甘さがマッチしています。

初めて尽くしのスリランカ体験。予備知識も何もないまま訪ねていきましたが、新しいことだらけの文化交流体験はワクワクの連続です。

スリランカのことやなディーさんのご家族のことをたくさん教えてもらいました。
スリランカのことやなディーさんのご家族のことをたくさん教えてもらいました。
楽しかったひと時。最後はナディーさんと2人で!
楽しかったひと時。最後はナディーさんと2人で!

スリランカの香辛料が香るキッチンで、ナディーさんとナディーさんのお母さんとスリランカの家庭料理を楽しみ、食のこと家族のこと文化のことなど、色々な話をしながら笑い合っていると、日本にいることを忘れてしまいそうでした。

次回はぜひ、別のメニューを試したいです。

information

ナディーさんの家庭料理を食べに行こう!


メニューボタンCOOK一覧ボタン