おいしくて美しいお料理に癒される。スパイスとハーブの使い方もとても勉強になるスリランカ人ナディーさんの食卓【KitchHike体験談】

今回のHIKERさん♪

hiker
Reikoさん(40代/女性)
・職業厨房 勤務
・HIKER回数初めて
・どんなシーンで?
日曜日の昼間にランチを食べに友人と訪ねてみました。
・なんで使ったの?
先日旅行で行ったスリランカに興味を持ったからです。
・コメント
ナディーさんのお料理は美しくておいしくて本当に楽しかったです。またお会いしたいです。

先日スリランカ旅行に行き、スリランカ料理に興味を持ち始めたReikoです。
ということで、初めてのKitchHikeはスリランカ人ナディーさんの食卓を訪ねることにしました。
当日はドキドキしましたが、待ち合わせの駅の改札でお会いしたナディーさんは日本が上手で不安は吹き飛びました。

▼今回のメニュー▼


メニューボタンCOOK一覧ボタン

ご自宅に着いて出迎えてくれたのはナディーさんのお母さん。
この時はたまたまスリランカから来日されていたんです。
私が、スリランカ旅行に行ったときの写真を見せたら、お二人ともとても嬉しそうにしてくれました。

本場のスパイスとハーブに思わずワクワクするスリランカ料理!

お料理の方は下準備が整い、あとは仕上げだけの状態にしていてくれました。出来上がったお料理をいただくだけというのも楽しいのですが、こうして、調理の様子を見ることができるなんて、ワクワクしてさらに楽しみが増えます。

スリランカの名物「チキンカレー」

それでは、チキンカレーから仕上げて行きます。
煮込まれたチキンに、たっぷりのスパイスを投入します。

しっかりスパイスに漬け込まれた鶏肉をお鍋に移して調理スタート!
しっかりスパイスに漬け込まれた鶏肉をお鍋に移して調理スタート!

使用するスパイスは全てスリランカ産のもの。
やっぱり本場の食材を目の前にすると、その国のことを思い出してテンションが上がりますね。

日本でこれほどの数を揃えるのはなかなか難しいですよね。スリランカ産のスパイスがズラーっとならんでいます
日本でこれほどの数を揃えるのはなかなか難しいですよね。スリランカ産のスパイスがズラーっとならんでいます。

これらスパイスは、お母さんが来日する時やナディーさんが帰国する時に買うそうです。
日本でスリランカ産のスパイスを買うと3倍くらいの値段だそう。それは、なかなか日本で気軽に買う気にはなれないですよね。

とてもおいしそうです!
とてもおいしそうです!

ナディーさんが、今日のお料理で使うスパイスとハーブの説明をしてくれました。

(右から時計回りに) カレーリーフ、タマネギ、生姜、ニンニク、シナモン、ランぺ、カルダモン (カレーリーフの左)
(右から時計回りに) カレーリーフ、タマネギ、生姜、ニンニク、シナモン、ランぺ、カルダモン (カレーリーフの左)

ハーブと言えば、先日スリランカを旅行中のときに思ったのですが、あちらではお料理に必ずと言っていいほどカラピンチャ (カレーリーフ) が入っていました。でも、その時は食べていいのかがわからなかったのです。そのことをナディーさんに聞くと、現地の人でも食べない人はいるけれど、健康の為になるべく食べた方がいい、とのこと。次回から、気兼ねなく食べようと思います。

スリランカ風「ジャガイモの炒め物」

ナディーさんの調理を見ていると、炒め油にはココナッツオイルを使用していました。

身体を思って、オーガニックのココナッツオイルを使用します。
身体を思って、オーガニックのココナッツオイルを使用します。
調理前の材料もきれいに盛られています。
調理前の材料もきれいに盛られています。

ココナッツオイルとスパイスが混ざると素晴らしい香りが立ち、食べる前からぜったいおいしいに違いない!と確信しました。

この香りは、スリランカを思い出します。あ〜、本当になんだかスリランカにいるみたい……。
この香りは、スリランカを思い出します。あ〜、本当になんだかスリランカにいるみたい……。
なんておいしそうなんでしょう。香りがとってもいいです。
なんておいしそうなんでしょう。香りがとってもいいです。

鰹節の入った「ニンジンのサラダ」

煮込んでいる間に、お次はニンジンのサラダです。こちらには、日本の鰹節が使われていました。
鰹節?とお思いになるかもしれませんが、スリランカでは「モルディブ・フィッシュ」というハガツオの加工食品があるんです。その代用として、鰹節を使うということ。鰹節で代用できるなら私にも出来そうです。

スライスされたた〜っくさんのニンジン!野菜もたっぷりで身体に優しいですね。
スライスされたた〜っくさんのニンジン!野菜もたっぷりで身体に優しいですね。

サラダには、たっぷりのココナッツの粉末を入れて仕上げ、しばらく時間を置きます。

ココナッツを加えて仕上げます。
ココナッツを使うのは、スリランカ料理の特徴の一つです。

ココナッツ味の「オクラのカレー」

「オクラのカレー」はココナッツミルクで煮ます。
日本ではフレッシュのココナッツミルクが手に入りにくいので、ナディーさんはココナッツミルクパウダーにお湯を溶いて使っていました。

オクラカレーの食材。ココナッツミルクで煮込む前の野菜たちも彩りが鮮やかで出来上がりが楽しみです!
オクラカレーの食材。ココナッツミルクで煮込む前の野菜たちも彩りが鮮やかで出来上がりが楽しみです!
お湯で溶かすだけの即席ココナッツミルク!自宅で簡単に使うことができますね。
お湯で溶かすだけの即席ココナッツミルク!自宅で簡単に使うことができますね。

缶詰のココナッツミルクだと一度開けたら使い切らなくてはいけないのでパウダーは保存が効くし、このアイディアは自分も真似したいと思いました。パウダーだとお値段も手頃です。

先ほどのお野菜とココナッツミルクでグツグツ煮込んでいきます。
先ほどのお野菜とココナッツミルクでグツグツ煮込んでいきます。

日本ではなかなか食べられない「バスマティライス」

ご飯はバスマティライスを用意してくれました。
これは、日本のお米よりも細長くてカレーによく合うお米です。日本ではなかなか手に入らないのでとっても嬉しい!
ランぺ (パンダリーフ) というハーブと一緒に炊き込みます。

ランペという葉はスリランカ料理では、具材とスパイスを繋ぐ役目を果たすそうで、多くの料理に入れられます。
ランペという葉は、スリランカ料理では具材とスパイスを繋ぐ役目を果たすそうで、とても多く使われています。

今回、ナディーさんが使用したスパイスは日本で手に入る物ばかりでしたので自分でもスリランカ料理が作れるのかもと思いました。ただ、ハーブ類を手に入れるのは、ちょっと難しいのかもしれませんので、本場の味を体験されたい方は、是非ナディーさんの食卓へ訪ねてみてくださいね。

幸福感で満たされる、本場スリランカの味

お料理の仕度が終わり、テーブルに並べていきます。

ずらりと出来上がった料理が並ぶと、テーブルが一気に華やかになりました。
ずらりと出来上がった料理が並ぶと、テーブルが一気に華やかになりました。

ナディーさんのお料理は、ため息がでるほど彩り豊かで美しいです。

先ほどのニンジンはこのようなサラダに仕上がりました!
先ほどのニンジンはこのようなサラダに仕上がりました!
ジャガイモと野菜の炒め物
ジャガイモと野菜の炒め物
スリランカのチキンカレー
スリランカのチキンカレー
オクラのカレー
オクラのカレー

スリランカ流の食べ方に挑戦

さて、お料理を頂く前にナディーさんから、お皿への盛りつけ方を教わりました。ポイントは、お皿の真ん中にご飯を盛り、そのご飯の周りにおかずを並べて行くように盛りつけます。
そして、お皿全てにお料理を盛らず、一部分だけ、何も盛らずに空けておくのです。

彩りが鮮やかできれいですね。
彩りが鮮やかできれいですね。

食べ方は、スリランカ流でいただきます。
まず、残しておいた空きスペースのところにご飯とおかずをひとくちずつ乗せて混ぜます。なるほど。空きスペースは、混ぜるためのスペースだったのですね。
お食事の時にはナディーさんのお母さんも一緒に食卓を囲んで手で食べるお手本を見せてくれたので、本場と同様、手で直接いただきました。

テーブルの上だけでなく、自分のお皿の上の料理も彩りが美しいです。
ナディーさんの手の動きはスムーズで見ていてとてもきれいですが……実際にやってみると、とても難しかったです (笑)。
本場の食べ方を実践中。なかなか難しいです。
本場の食べ方を実践中。なかなか難しいです。

チキンを骨から外す時はつい左手も使いたくなるけど食べる時は右手しか使いません。
しかも左手はテーブルやお皿の上ではなく、ひざの上へ。
これが結構難しいのです。ついお皿に左手を添えたくなります。
それと指を舐めるのはマナー違反だそうです。そこで、親指で押しだすように食べるのがポイントです。

味の方はチキンカレーがかなり辛く、それ以外はマイルドでした。
チキンとオクラ、ポテトをお米と一緒に口に運ぶと辛さはそれほど気になりません。
混ぜて食べるとそれぞれのお料理が複雑に混ざり合いスパイスの香りが鼻から抜けて
なんとも言えない幸福感に包まれます。

食後にはスリランカのミルクティー「キリテ」

スリランカのミルクティーの作り方もしっ かり見せてもらいました。
ミルクを沸騰する位温めてから茶葉を投入。

美味しいスリランカ料理を食べた後は、本場のミルクティーを堪能。淹れ立てをいただけるのはすごくうれしいですね。
美味しいスリランカ料理を食べた後は、本場のミルクティーを堪能。淹れ立てをいただけるのはすごくうれしいですね。

生姜とお砂糖入りでふんわりと甘いミルクティーが完成しました。
スリランカ旅行の際にはスケジュールの都合で本場のミルクティーが飲めなかったので
すごく嬉しかったです。

本場スリランカのミルクティー。湯気と一緒にまろやかな香りがしてきます。
本場スリランカのミルクティー「キリテ」。

笑顔に包まれた素敵な食卓

スリランカ独特の食材のお話をしたりしていたらあっという間に時間が経ちました。
色々と教えて頂いてとても勉強になりました。

食べ終わる頃には外出していた旦那さんとお子さんたちも帰宅して賑やかになりました。

お子さんをだっこするナディーさん
お子さんをだっこするナディーさん
やわらかくて素敵な笑顔に癒される、素敵なご家庭でした。
やわらかくて素敵な笑顔に癒された、素敵なご家庭でした。

皆さん日本語がお上手です。
旦那さんにスリランカのおススメスポットや時期を教えていただいたので
ぜひまた旅行に行きたいと思います。

でも、その前にナディーさんのお料理をまた食べに行きたいです。

美味しいスリランカ料理を振舞ってくれたナディーさん。今日はありがとうございました!
美味しいスリランカ料理を振舞ってくれたナディーさん。今日はありがとうございました!

今回、お料理を作るところを見させてもらい、スパイスの使い方をもっと勉強したいと思いました。
ナディーさん、今日は、美しくておいしいお料理をありがとうございました。
またすぐに会いましょう。

information

ナディーさんの家庭料理を食べに行こう!


メニューボタンCOOK一覧ボタン