珍しい野菜を知って、調理して、おいしく食べる!野菜のことを深く知るタカコさんの「レアベジ研究会」!【KitchHike体験談】

今回のHIKERさん♪

hiker
ひかりさん(20代/女性)
・職業 メーカー勤務
・HIKER回数 8回目

・どんなシーンで?
週末のお昼に彼と参加しました!
・なんで使ったの?
タカコさんの毎週水曜のヴィーガンNightのごはんがおいしくて今回の「研究会」に興味津々で参加しました!
・コメント
野菜の奥深さ、料理の面白さ、そして食べ物の大切さなど色々な発見があり、とっても充実した時間でした!

7回目のKitchHikeへ行ってまいりました、ひかりです!もう結構いろんなところにお邪魔させてもらいましたが、行く先々の食卓がどんどん盛り上がって、どんどん進化しているように感じます。

今回は、ヴィーガン料理を手がけるタカコさんの「第1回レアベジ研究会」でした。タカコさんは普段、毎週水曜日の夜にヴィーガン料理の会を開催しており私も一度参加したことがあるのですが、とってもおいしく楽しくて!!ふとまたKitchHikeのページを見ていたところ、今回の”研究会”を見つけ、タカコさん今度は何するの!?と思って早速参加ボタンをポチリ。すぐにいっぱいになってしまったようですが、第1回に滑り込むことができた私、なんてラッキーだったのでしょう!!

今回の会場は、8月にオープンした、SMI:RE DINER (スマイル・ダイナー) という、曜日毎にマスターが変わるテーマバー。この日はタカコさんがここを会場とし、”タカコ Bar”がオープン!となりました~。オーナーの方曰く、「オトナのままごと」がコンセプトの、シェアスタイル型のバーです。
うん、かっこいい!冒頭より料理のお話から脱線していますが、KitchHikeでは、こういう「ちょっ
と小粋でおもしろい」が好きな人にたくさん会えるのも、楽しいところだなと思っています。

さてさて、本題の「レアベジ研究会」ですが、これはスーパーには並んでいない貴重な野菜や、食べ方がよくわからない野菜を紹介し、食べ比べてみたり、料理法を学んだり、野菜のことを深く知ったりできるワークショップでした。

今回使用するお野菜たちがこちら!どれも立派なものばかり。こちらは、有機・無添加食品のネット販売を行っているOisixで手に入るそうです。
今回使用するお野菜たちがこちら!どれも立派なものばかり。右側が今回とりあげる珍しいナス。有機・無添加食品のネット販売を行っているOisixで手に入ります。左側にはタカコさんが自ら育てた夏野菜も!

今回の研究対象だったのは、夏野菜の代表選手、ナスです!!

たくさんのナスがずらーり!!馴染みのあるものから、目新しいナスまで揃っています。
たくさんのナスがずらーり!!馴染みのあるものから、目新しいナスまで揃っています。

ナスと言えば、皆さんが思い浮かべられるのは紫色のものじゃないかと思いますが、今回は緑色をしたトロナスやホワイトナスなど、あまり食べたことのないナスをいろいろ料理してみました!!

食べる前に、まずはナスについて知ってみよう!

まずはじめに、今回はタカコさんのミニレクチャーからスタート。ナスの種類やこの日のメニューについて、解説してくれました!!

今回のイベントの為に、タカコさんが資料を作成してきてくれました。
今回のイベントの為に、タカコさんが資料を作成してきてくれました。

みんなで勉強中……。

ナスってスーパーでも買える、普段食べる食材だけれどいざこうしてみると知らないこともたくさんあるものですね。
ナスってスーパーでも買える、普段食べる食材だけれどいざこうしてみると知らないこともたくさんあるものですね。

タカコ先生の解説にも熱が入っております!!この日はみんなで調理も分担しながらやりました。

参加者みんなで調理します♪
参加者みんなで研究中♪

調理実習を思い出します。
皮をむいてみたり。

太くて長い、立派なナスです!
白いナスを焼きナスにして皮をむいてみます。皮をむくとふつうの焼きナスですね(笑)とタカコさん
皮をむいた状態のナスがこちら!
皮をむいた状態のナスがこちら!

切ってみたり!

同じ素材でも調理方法は様々。たくさんのナス料理が仕上がっていきます
同じ素材でも調理方法は様々。たくさんのナス料理が仕上がっていきます

旬の素材の旨みをとことん楽しめる!ナス三昧のディナーがスタート!

トロトロのツヤツヤ♪「トロナスのステーキ」

お腹を空かせた私たちに、まず出てきたのがトロナスのステーキ。

焼く前にしっかり切り込みを入れて…
大きなナスです!

普通のナスよりもさらにトロッとした、トロトロのトロのようなナス!!オリーブオイルで焼いて、味付けは塩というシンプルなものですが、素材もいいのか、とっても食べやすくてびっくりしました!

ツヤッツヤのトロットロですね!!

お箸で持った瞬間、いかにトロトロに仕上がっているか分かってしまうほどの出来上がり!
お箸で持った瞬間、いかにトロトロに仕上がっているか分かってしまうほどの出来上がり!
ナスのエズメ
こちらはタカコさんが自ら育てたパクチーで作ったという特製パクチーペースト。ナスのステーキにつけていただきました。にんにくとオリーブオイルがきいていておいしい!

パンと一緒に食べたい「ナスの中東風ペースト」

ステーキに続いて、ナス料理がどんどん続いていきます。例えば、ナスのエズメ (中東風ペースト)。パンにつけて食べるととっても美味!

ナスは焼いたり、揚げたり、漬けたりするだけではなくて、ペーストにしてパンと一緒に食べてもすごく美味しい♪
ナスは焼いたり、揚げたり、漬けたりするだけではなくて、ペーストとしても大活躍なんですね!

ご飯との相性が抜群!「客家ナスの炒め物」

続いてこの客家ナスは、麻婆茄子のようにご飯が進みました!!こちらは台湾料理だそう。お肉は入っていないのに、十分な満足感。

仕上がりがこちら!うーん、美味しそう!
仕上がりがこちら!うーん、美味しそう!

美味しさの秘訣の1つは、バジルなんです。

香りをだすためにフレッシュバジルを投入!かなりの量があります。
この大量のバジルは、なんとタカコさんの畑で穫れたものなんです!

このバジルを惜しみなく投入!

バジルがかなりいい役割を果たしてくれるんです~!
バジルというとイタリア料理だけに使われるかと思っていましたが、こんな風に中華にも合うんですね!

夏のうちにたくさん食べておきたい「ナスとミョウガの冷や汁」

今回の冷汁で重要な役割を果たす、薬味たち
ナスにミョウガの組み合わせは想像しただけで、舌がうずうずしてしまいます!
ゴマ、ミョウガ、大葉……それぞれの持つ豊かな香りがベストマッチ!
ゴマ、ミョウガ、大葉……それぞれの持つ豊かな香りがなんともいえません!

暑いのでさっぱりヘルシーなのがうれしかったです。ゴマの優しい香りもいいですね~。

ナスを生で楽しむ?「ナスのお刺身」

最後に、素材を味わえるナスの刺身。手でちぎったナスをわさび醤油で。そのままさっぱり食べられます。

みずみずしさが刺身で食べることで際立っていました。
みずみずしいからこそこんな楽しみ方ができるんですね!

この日のナスNightでは、元気な野菜たちがたくさんに出合うことができました。どれも元気でプリプリ。ちなみに、トロナスは顔のサイズぐらいありました。

大きく育った茄子は顔と同じ大きさ!
じゃーん。本当に大きいんです。

しかもタカコさんの畑で穫れたジャンボオクラは女性の手ぐらいの大きさ!

Oisixさんからの野菜の他に、タカコさんの畑から収穫された新鮮野菜も料理に登場!
こんなに立派に育った野菜をみると、なんだか元気がもらえます。

「普段はそんな話はしないんだけど……」との前置きつきで、この日はタカコさんがヴィーガン料理を作る理由や、食についてタカコさんが思うことなどをお話してくれました。私は普段なんとなく、ヘルシーなものもジャンキーなものも口にしているのですが、タカコさんのお話はとっても勉強になりました。自分の身体に入れるものは、自分で考えていかないといけないですよね。

面白いタカコさんのお話に聞き入るHIKERたち
興味深いタカコさんのお話に聞き入るHIKERたち

気になる方はタカコさんのところに行ってみたら、聞くことができるかもしれません……とはいえ、普段は堅苦しいことは言わず、野菜を美味しく食べようぜ!というラフな会です!

最後にみんなで記念に1枚。
最後にみんなで記念の1枚。

タカコさんは、KitchHikeではおなじみの毎週水曜の夜に開催しているヴィーガン料理の会も、KitchHikeが始まる前から始めてもう160回以上行っているようです。東京と茨城の2拠点生活だったり、会社勤めだったり、ライターだったり、ペットがアロワナだったりと、これまでにもいろんなことを経験されている方です。そんな豪快で、でもどこかミステリアスで、まっすぐなタカコさん。普段なかなか会えないような方ですが、自分の好きなことを思いっきりやるっていいなと、タカコさんと出会ってから思う私でした。タカコさん、ごちそうさまでした~!!

information

タカコさんのヴィーガン料理を食べに行こう!