新しいラーメンの楽しみ方は、ここにあり!奥深きラーメン作りを通して体験できる素敵な時間♪【KitchHike体験談】

今回初めて日本人COOKのお宅を訪ねてきました、HIKERのまりこです!

もともと「国際交流×食」への興味からKitchHikeを知った私。KitchHikeを通して各国の珍しいお料理を食べ歩いてきました。次はどこにしようかな、と思っていたところ目に留まったのが「自家製ラーメンを作ってみよう」というKumikoさんのPop-upイベント!外国でも人気の日本のラーメンですが、”外で食べるもの”というイメージがあり、自分で作ることなんて考えたことがありませんでした。いったいどうやって作るんだろう?身近な料理でありながら意外に知らないラーメンのこと。ラーメン屋の娘さんであるCOOKから教われるなんて、これは面白いに違いないと確信しました。

▼今回のメニュー▼

メニューボタンCOOK一覧ボタン

 

 

待ち合わせは表参道駅。その日のHIKERは、私のほかに3名。これまで参加してきたイベントの中でもいちばんの大人数でした。日本人HIKERのちえこさんとなおみさん、ちえこさんからのお誘いで来たという中国人のダニエルさんです。

到着した先はモダンでおしゃれなシェアハウス。ここを借りてワークショップをなさっているのだそう。早速、最上階のダイニングルームへ案内され、まずは簡単に自己紹介。Kumikoさんが用意された可愛い黒板に各々の名前を書いていきます。

本日のワークショップ参加者はこちらの5人!

本日のワークショップ参加者はこちらの5人!



手づくりの素敵なウェルカムボードで迎えてくださいました!

手づくりの素敵なウェルカムボードで迎えてくださいました!



そして、ウェルカムドリンクには、ミントレモンウォーターをいただきました。

素敵なおもてなしに、早速ハートを掴まれてしまいました♪

素敵なおもてなしに、早速ハートを掴まれてしまいました♪


麺製作の裏側が分かるラーメン作りの始まりはじまり~♪

エプロンをつけてやる気満々。いざラーメン作りスタートです!

早速最初のステップ、麺づくりに入ります。強力粉、水、かん水、塩を混ぜて生地を作ります。耳慣れない「かん水」ですが、実はこれ、ラーメン独特の黄色と香りを出してくれるもの。

この材料から、どんな麺ができあがるのかワクワクですね!

まずは、水に「かん水」を溶かすところからスタート。この材料から、どんな麺ができあがるのかワクワクですね!



水に「かん水」を溶かしたものと強力粉、塩少々を手でこねて生地にしていきます。まとまったところで生地をジップロックに入れ、ここからが今回一つ目のハイライト。生地を足で踏んでコシを出すという作業です!

たくさん踏めば踏むほどコシがでてくるそう。たくさん踏みまくりましょう!

たくさん踏めば踏むほどコシがでてくるそう。



表参道で待ち合わせしてからこちらのシェアハウスに来るまでに、「麺を踏むの楽しいんですよ。サンバを習っている子は生地の上で踊り出しちゃったりして。」というKumikoさんのお話を聞き、楽しみにしていました。

皆それぞれのペースで、私はちょっと滑りそうになりながら、コシのあるおいしい麺を目指して踏みまくりました!

ここでベンチタイム。生地をジップロックに入れて30分寝かせます。この時点で生地の匂いを嗅ぐと、それだけでほんのりラーメンのあの麺の香りがしてくるので皆驚きです!また、麺は冷蔵庫で一晩置いてもまた違った味わいがあるのだそう。二つの違いが試せるようにと、Kumikoさんが前日に仕込んでくださった麺もありました。これはHIKERにはとても嬉しいご配慮ですね。

さて、待っている間にいよいよ今日の2つ目のハイライト!「湯切り」体験です。

屋上テラスで初の「湯切り」に挑戦!

Kumikoさんの案内で、これから外で湯切りの練習です。

Kumikoさんの案内で、これから外で湯切りの練習です。



麺を寝かせている間に、「湯切り」の練習へ。「湯切り」は、茹で上がった麺のお湯をさっと切るという、ラーメンのおいしさを左右する大切な工程です。チャンスはたった一度ですが、心配ご無用。Kumikoさんが個人指導をしてくださいます!

まずは、Kumikoさんがお手本を見せてくれます。

まずは、Kumikoさんがお手本を見せてくれます。



肩を軸に、腕をまっすぐにして勢いよく地面に向けて水を切ります。「バシッ!」という音がしたら大成功。なかなかこの気持ちのいい音が出ないのですが、2、3回繰り返すうちにだんだん皆サマになってきました。

Kumikoさんから湯切りの指導を受けるダニエルさん

Kumikoさんから湯切りの指導を受けるダニエルさん



初めてなので、みんな少し緊張ぎみ。

初めてなので、みんな少し緊張ぎみ。



やはりプロのように湯切りをするところまでは到達出来ませんでしたが、なんとなく要領は掴めました!

湯切りの練習を終えたあとは、「湯切り」の本番までしばしみんなで歓談。

みんなでくつろぎながら歓談タイム。参加者同士の距離がグッと縮まったように感じられました!

みんなでくつろぎながら歓談タイム。参加者同士の距離がグッと縮まったように感じられました!



KumikoさんはDIYがお好きで、なんと先ほどの黒板や、ウェルカムボード、そしてこれから麺を切る際に使うまな板はすべて手作りなのだそう。皆から称賛の声があがります。DIYで自ら必要なものを作り、それに囲まれる生活。憧れます!また、中国人のダニエルさんから「拉麺」は中国語では名詞ではなく、「ラーメンを作る」という意味の動詞なのだと教わり日本人4人で驚きました。ほかにも気になるCOOKがいるから今度一緒に行こうという話にもなり、KitchHike仲間が増えたのも嬉しい限り!

初めての麺打ち体験♪

さて、30分が経過し、いよいよ麺を切る作業に入ります。

初めてこんなに本格的な大きい包丁を見ました!

初めてこんなに本格的な大きい包丁を見ました!



DIYで作ったという打ち台。手作りだとどこか温かみを感じます。

DIYで作ったという打ち台。手作りだとどこか温かみを感じます。



まずは、Kumikoさんが一人分ずつ生地をわけて、ある程度の薄さまで生地を伸ばしてくれます。

麺を扱っている姿が凛としていて素敵です。

麺を扱っている姿が凛としていて素敵です。



さらに薄く生地を伸ばすのには、パスタマシンを使っていきます。グッドアイデアですね。

パスタマシーンでみるみるうちに生地が伸ばされていきます。

パスタマシーンでみるみるうちに生地が伸ばされていきます。



そして、麺は各々の好きな太さに切っていきます。

本格的な包丁を使って作業。それぞれお好みの太さにあわせて切っていきます。

本格的な包丁を使って作業。それぞれお好みの太さにあわせて切っていきます。



太麺好きの私は、張り切って極太麺を!張り切りすぎてメンバーの中でいちばん太い (笑)。ラーメンというよりフェットチーネ(平べったくて太い、パスタの一種)のような仕上がりになりました(笑)。でもこんな麺が食べられるのも、手作りならでは!

今回の参加者は比較的、太麺が多い様子!

今回の参加者は比較的、太麺が多い様子!


本番。My ラーメンの完成が目前♪

さて、麺も無事に作り終え、いよいよ本番の「湯切り」です。

まずは、気持ちよい青空の下で食べるラーメンの準備です!スープやトッピングとなるチャーシュー、煮卵などは、Kumikoさんが昨日から仕込んでくれたものを使います。

なんておいしそうなチャーシューと煮卵!

なんておいしそうなチャーシューと煮卵!



みんなでセッティングをしていきます。

みんなでセッティングをしていきます。



どうでしょう!セッティングが完了しました。

どうでしょう!セッティングが完了しました。



セッティングが完了したら、スープを丼によそって、おいしさを左右する湯切りの本番。麺をお湯に入れ、そろそろかな、というところで麺の硬さを味見。ん〜、もうちょっとかな?私の極太麺は通常より時間がかかる様子(笑)。ようやく「ここだっ!」というタイミングで先ほど習ったフォームをイメージしながらいざ湯切りを実行!なんとかあの「バシッ!」の音を聞くことができました。

うまくいきました!なかなか嬉しいです。

よかった〜。うまくいきました!



丼にはメンマ、ネギ、のり、煮卵、チャーシューをトッピングしていきます。

My ラーメンの完成です!おかげさまで、なかなか本格的な仕上がりになりました。

My ラーメンの完成です!おかげさまで、なかなか本格的な仕上がりになりました。



みんなも、順番にMy ラーメンを作っていきます。

アウトドアでラーメンを作るなんて、きっと日本中でここだけかもしれません。

アウトドアでラーメンを作るなんて、きっと日本中でここだけかもしれません。



Kumikoさんがちゃんとフォローしてくれます。

Kumikoさんがちゃんとフォローしてくれます。



そして、待ちに待った実食タイムです!Kumikoさんが用意してくださったとっても大きなチャーシュー。このおいしさといったら!煮卵も味がほどよく染みていて最高です。そして……自分で初めて一から作った太麺ラーメンのおいしさは格別です。

そして、まだまだ続くお楽しみ♪

皆それぞれに自分で作ったラーメンにご満悦の様子。Kumikoさんが作った細麺もいただいたのですが、また違った味わいで、これまたおいしい!

屋外のテラスで味わう手作りラーメンは格別!

屋外のテラスで味わう手作りラーメンは格別!



さて、食事が終盤にさしかかる頃、Kumikoさんから「チャーシュー丼があります」との嬉しいアナウンスが!この大サービスに皆で大興奮!炊き立て土鍋ご飯の上にチャーシュー。おいしくないわけがありません。

ジュウジュウという音もたまりません。とってもおいしそう!

ジュウジュウという音もたまりません。とってもおいしそう!



ラーメンでお腹いっぱいだったはずなのに、こちらも皆ペロリと完食。

美味しいビッグサイズのチャーシューに土鍋でたかれたご飯は最強の組み合わせです!

おいしい焼きチャーシューに土鍋で炊かれたご飯。なんて贅沢!



続いて、Kumikoさんがデザートですよ〜と持ってきてくれたのは、なんと手作りのスイカのアイスキャンディー!カラフルで可愛いですよね。しかも、お砂糖を使わずにスイカ、ココナッツミルク、キウイで作られたそうです。自然の甘みがと〜ってもおいしい!夏場には是非私も自分で作ってみたいです!

次から次へと披露されるKumikoさんのアイデアにワクワクが止まりません。

次から次へと披露されるKumikoさんのアイデアにワクワクが止まりません。



初めての日本人COOKさんによるKitchHike体験。「こんなラーメンの楽しみ方があったんだ!」「こんなおしゃれで素敵なライフスタイルがあるんだ!」という驚きの連続でした。日本人同士でもさまざまなバックグラウンドの人が集まれば、また一つの異文化交流になるのだなと実感しました。

最後は皆揃って写真撮影!

最後は皆揃って写真撮影!



家で共に食事をすれば距離が縮まる、というのは同じ国の者同士でも同じ。そんなことに改めて気づいた貴重な体験でした。Kumikoさん、ご一緒したHIKERのみなさん、楽しい時間をありがとうございました!

information

 

次回の開催は、7/2 (土) 17:00から!
夕方からの開催になるので、またひと味違った空の下のラーメンワークショップをお楽しみに!

メニューボタンCOOK一覧ボタン