ベジタリアンの社員も安心の「オフィスKitchHike」。株式会社グッドパッチさまが開催した全社員100名の社内イベントレポート!

こんにちは!KitchHike編集部です。
5月15日から始まったKitchHikeの新サービス「オフィスKitchHike」をご存知でしょうか?
おいしいごはんの力で、社内のコミュニケーションをより豊かにする「手作りごはん交流サービス」です。

KitchHikeの通常のPop-Up (料理イベント) のように料理の作り手と食べ手の距離が近く、会話も多く生まれる現場では、一般的な出前やケータリングではなかなか味わうことのできない充実したひとときを過ごすことができます。

今回は、グローバルなUIデザインカンパニー 株式会社グッドパッチさんに、社内交流会のごはんとして「オフィスKitchHike」ご利用いただきました。その様子をご紹介します!

毎月恒例の「Pizzapatch」に「オフィスKitchHike」を使ってくださった!

普段の業務では関わらないメンバーともコミュニケーションができる場として、グッドパッチさんでは毎月月末に「Pizzapatch」という名の交流会を開いているそうです。

集まるのは、なんと全社員!今回はその「Pizzapatch」において、「オフィスKitchHike」のサービスをご利用いただきました。

社員のニーズに応えられるごはんとは?

全社員が一挙に集うとなると、メンバーの食べたい、食べられないというニーズはさまざま。社員一人ひとりの嗜好もさることながら、ベジタリアンの方や特定の食物を食べることのできない方もいらっしゃいます。そういった細やかなオーダーに対応してもらえるケータリングは今までなかなか見つからず、担当者の方は毎月頭を抱えていたようです……。

細やかなオーダーにも応えられるCOOKのMasaoさん

今回のCOOKは、自然栽培の野菜をふんだんに使った、見た目も彩り豊かで美しく、お腹も身体も喜ぶごはんを手がけられる「愛菜食堂がじゅま〜る」のMASAOさんとYUIさんです。

ナチュラルフードコーディネーターとして普段は自然栽培野菜を使った料理を手がけているMasaoさんは、何といってもヴィーガン料理、グルテンフリー、ハラルフードなどさまざまな要望に対応できます。

そして「ヘルシーだけどボリューム重視で」という今回のリクエストにも、ぴったりのCOOKなんです!

見た目もとっても彩豊かで鮮やかです。皆さん、自分のお皿へと料理を取り分ける間もずっと楽しそう。

COOKと参加者との会話も弾みます!KitchHikeならではの光景ですね。

残ったご飯は、みんなでおにぎりを握ってコミュニケーション!?

会の終わりでは、なんと、みんなで一緒に残ったご飯をおにぎりにする時間となりました。こんな風に、ごはんを食べ終わった後の片付けなどの自然発生的なコミュニケーションはチームビルディングに繋がります。KitchHikeでは、これを「片付けコミュニケーション」と呼んでいたりして、もちろん日常的に行っています。

みんなで一緒に握ったおにぎりはこれまた格別の味。皆さんありがとうございます!

会に参加された方からたくさんの嬉しい声をいただき、その様子を見た担当者の方からも「メンバーが楽しんでくれていることを実感できて、とても嬉しい瞬間だった」とのご感想をいただきました。

また、後日今回の「オフィスKitchHike」の様子をブログに掲載してくださいました。どうもありがとうございます!

今回は、毎月恒例のイベントに「オフィスKitchHike」を使ってくださったグッドパッチさん。

普段のケータリングにはない「作り手」と「食べ手」の交流、そして「おいしい料理」で生まれるみんなの笑顔。そんな素敵なひとときを「オフィスKitchHike」で実現できている様子に、担当者としてはとても嬉しくなりました。

思わずみんなが笑顔になってしまうそんな有意義な社内コミュニケーションの実現を、オフィスKitchHikeで体験してみてくださいね。