株式会社メルカリさまが「オフィスKitchHike」を利用。料理の演出でみんなが笑顔になった「TOKYO CS JAM」をレポート!

こんにちは!KitchHike編集部です。
5月15日から始まったKitchHikeの新サービス「オフィスKitchHike」をご存知でしょうか?
おいしいごはんの力で、社内のコミュニケーションをより豊かにする「手作りごはん交流サービス」です。

KitchHikeの通常のPop-Up (料理イベント) のように料理の作り手と食べ手の距離が近く、会話も多く生まれる現場では、一般的な出前やケータリングではなかなか味わうことのできない充実したひとときを過ごすことができます。

今回は、フリマアプリ「メルカリ」でおなじみの株式会社メルカリさんに「オフィスKitchHike」をご利用いただきました。その様子をご紹介します!

「TOKYO CS JAM」に参加する社外の方に向けての軽食をご用意

今回ごはんを提供する場は、メルカリさんが主催を務める『TOKYO CS JAM』というイベント。カスタマーサポート (CS) 業界を盛り上げるため、サービスのレベルアップを望む企業の方々が集まる企業混合型の勉強会です。
つまり今回は社外の方も入り混じったイベントでのごはん提供となっており、メルカリだけではなく他の多くの企業の方にもオフィスKitchHikeを体験していただくこととなりました!

ハーブと発酵食品を使い、見た目も楽しませてくれる料理を手がけるYukikoさん

今回担当してくださったCOOKは、ハーブやスパイス、そして発酵食品を使ったお料理を得意とする「コズミックキッチン」のYukikoさん。見た目は、まるで絵本から出てきたような楽しげなお料理を手がけられています。

これまでソーシャルアパートメントの住居者に向けたPop-Upや、オフィスKitchHikeがサービスとして正式にリリースされる前に行われていた会社向けのまかないランチのPop-Upを開いてこられ、大人数向けのお料理も得意な方。

今回メルカリさんからいただいたオーダーは、45人分のお料理!人数も多く、また勉強会の最中でも食べやすいようなお料理をというご要望もあり、Yukikoさんにお願いすることとなりました。

メルカリさんのロゴに見立てたお料理も!

普段のPop-Upでは発酵食をメインに取り扱ってらっしゃるYukikoさん。今回の料理の中にも発酵食を使ったメニューが……!

サンドイッチやオムレツといった食べやすい軽食感覚のメニューもあれば、桜エビや塩麹などを使った素材の旨みをじんわりと味わうことができそうなメニューもありました。

そして個人的に気になったのは、「油あげの包み焼き」と「大根チップス」です……。一体どのような味なのでしょう?

盛り付けも、Yukikoさんらしく、温かみのある木の器も料理のおいしさを一層引き立てます。

上記のメニュー以外に、なんとYukikoさんはメルカリのロゴを型どった一品も作ってくださいました!
その完成度の高さに来場者の方々もびっくりされた様子。みなさんしきりに写真を撮ってらっしゃいました。


また、今回はメルカリさんからお借りしたかわいらしいワゴンに料理を並べました。なんだかバザーみたいでワクワクしますね。

勉強会が始まる前に、みなさん各自でごはんを取りにいらっしゃいます。
「おいしそう〜」という声や、写真を撮る方々の和気藹々とした様子にこちらまで楽しくなってしまいます。

料理をお皿にとった後は、いよいよ勉強会の始まり。

Yukikoさんの料理への想いとは?

Yukikoさんは、農家や生産者の方と実際に会い、その人たちが作った野菜のおいしさを伝えたい!との思いで料理を作られているそうです。
国連大学前で毎週開かれている青山のファーマーズマーケットにもよく行かれるのだとか。
「農家さんから直接手に入れられる食材は、こちらが特段手を加えなくても十分おいしい料理になってくれるんです」とYukikoさん。
今回の料理の中でも、大根チップスは農家さんから購入した大根をスライスして干しただけの一品なんだそうですが、これが噛めば噛むほど大根の旨み、甘みがじゅわ〜っと口の中に広がっていくのです。まるでヘルシーな「さきいか」のよう!お酒にも合いそうです!

「これは病みつきになりますね〜」と食べ進める手が止まらぬKitchHikeスタッフに対して、「そうなんです!」と力強くうなずくYukikoさん。 料理に対して深い情熱をお持ちのYukikoさんのお話を聞いていると、食べ手の皆さんにも、お料理だけではなく、その想いも直接伝えてみたほうがいいのでは?と思ったのですが「料理を通して伝われば充分なんです……。」と遠慮がちに答えていらっしゃいました。とても控えめな方なんですね。

作り手と食べ手の交流こそが「オフィスKitchHike」の醍醐味!

勉強会のあとの懇親会では再び料理を求める人々の列ができました。みなさん、お酒も入って楽しそうです。


このとき、参加者の方がYukikoさんのところへ近づかれ「大根チップス、とってもおいしかったです!」の一言を。
この瞬間Yukikoさんの表情がパッと明るくなったのが近くで見ていてわかりました。
遠慮がちにされていたYukikoさんでしたが、参加者の方に声をかけられてからは嬉しそうに料理の説明をされています。その笑顔がとっても素敵でした。

懇親会の片付けの際、Yukikoさんからは「お料理に興味を持ってくださった方がいらっしゃって、すごく嬉しかったです」とおっしゃってくださり、食べ手と作り手の交流の醍醐味があったことを実感できました。

Yukikoさんの人柄を表したかのようなとっても優しい味の料理は、懇親会の盛り上がりに彩りを添える、とても素敵なお料理でした!

料理を作る人と食べる人、その場にいる全員の交流が生まれるごはん会が実現できる「オフィスKitchHike」を、是非みなさんのオフィスでも体験してみてくださいね。

だれのごはんを食べに行く?