まるで陽気なカリブのパーティ気分♪ご飯が止まらないジャマイカのおいしい家庭料理をいただきます!【KitchHike体験談】

こんにちは。KitchHikeを体験してきたHIKERのTaeです。

今回はジャマイカ人のロイ (Roy) さんの食卓をKitchHikeしてきました。ジャマイカ料理は昔々の学生時代イギリスに住んでいたとき、よく食べていた思い出の味です。

なんといっても今回のお目当ては「アキー&ソルトフィッシュ」という料理。「アキー (Ackee)」とは、ジャマイカではよく食されている甘くないフルーツなんです。でも、実は生のものは猛毒をもっていて食べらません。しっかりした手順を踏んで毒抜きをしなければ死にいたってしまうこともあるそうなんです。そんな猛毒をもっているなんて、まるで、日本で言うフグですね。そしてこれを、鱈と一緒に調理した料理が「アキー&ソルトフィッシュ」なんです。当時これを初めて食べた時、「アキー」が高級魚の白子のような味がして衝撃を受けたんです。

缶詰になった「アキー (Ackee)」
缶詰になった「アキー (Ackee)」

これをたっぷりのご飯と一緒に食べるのは本当に幸せ!さらにジャマイカ料理は一人当たりの食べる量も多く、お肉もしっかり食べられるので腹ペコ貧乏学生の私にとってはまさに救世主でした。でも、残念ながら日本ではまだあまりメジャーではないようです。やっとのことで見つけたレストランは去年閉店してしまいました (涙)。

そんな時、KitchhikeのWebページでジャマイカ人のロイさんを発見したのです。メニューにはなんと定番のジャークチキンの他にこの「アキー&ソルトフィッシュ」がありました。ということで迷わず、ポチリとさせていただきました。

(※ 現在こちらのPop-Upは終了しました)

さて、KitchHike当日はあいにくの大雨……。緊張しながらも、ロイさんの自宅に着いて呼び鈴をならすと、

「いらっしゃーい!待っていたよ!」

と、大雨を忘れるほどの陽気なスマイルで迎えてくれ、彼のフランクさのおかげですぐに緊張もほぐれ、打ち解けることができました。

料理男子ロイさんのクッキングがスタート!

スパイシーな「ジャークチキン」

キッチンに案内されると、今回の料理に使う材料がずらりと用意されていました。まず見せてくれたのが、すでに下ごしらえのされた大量の鶏肉です。

本日は、たくさんの鶏肉を用意してくださっていました!このボリューム感は海外を思い出させます。
本日は、たくさんの鶏肉を用意してくださっていました!このボリューム感は海外を思い出させます。

私の大好きなジャークチキン。味付けは一体どうしているのか気になっていました。ロイさんに聞いてみると「この”ピメント”というスパイスがジャークチキンで大事な風味付けなんだ。」と言って、ビンに入ったスパイスを見せてくれました。

料理の味の違いは、調味料の使い方にあります。普段使わない調味料やスパイスを知るのって、本当に楽しいですね。
料理の味の違いは、調味料の使い方にあります。普段使わない調味料やスパイスを知るのって、本当に楽しいですね。

後で調べてみたらピメントとはオールスパイスのことでした。呼び方が違うんですね。これならスーパーでも売っています!ジャークチキンの食欲誘う香りと深い味ってこれが正体がわかってスッキリしました (笑)。

ジャマイカの国民食「アキー&ソルトフィッシュ」

さらに、お肉のほかに、お魚も用意されていました。こちらは「アキー&ソルトフィッシュ」の材料です。

干し鱈、アキー (Ackee)、パプリカを使います。
干し鱈、アキー (Ackee)、パプリカを使います。

「アキー&ソルトフィッシュ」はジャマイカの国民食で、朝ごはんによく食べられるくらい定番中の定番料理だそうです!

料理に使う「アキー」を私は日本で見かけたことが無かったのですが、キッチンにはちゃんとアキーの缶詰が!もちろん、毒は処理されています (笑)。実は、日本ではなかなか手に入らない食材らしく、ロイさんは「アキー」の缶詰を知り合い方から仕入れているとのことです。となると、もはやこれは貴重な料理!今日のロイさんの食卓を楽しむほか無いですね!

さて、一通り材料の説明を受けたところで作業に取り掛かります。

まず、「アキー&ソルトフィッシュ」に使う鱈のすき身を湯通ししてほぐしていきます。この作業のポイントは細かくばらしながら、いかに小さい骨を取り除くか。

これが結構大変で、完全に取り除いたと思ってもロイさんは私たちが見つけられなかった小骨を見つけてヒョイヒョイ取り除いていきます。そんなロイさんの視力は裸眼で2.0だそうです!

「フライド・ダンプリング」は揚げドーナッツ?

次は「フライド・ダンプリング」に取り掛かります。

腕まくりをし直すロイさん。気合十分です。戸棚に貼り付けてあるレシピ分量をチェックしながら作業を進めつつ、私たちにも説明してくれました。

といっても、ロイさんが普段料理するときは厳密に計量などはせずに、感覚派だそう。レシピは、KitchHikeのHIKERのに少しでもジャマイカの料理を知ってもらうために、わざわざ興したものなんだそうです。

「人に教えるときは、きちんとレシピで示すことが大切だと思っているんだ」と話してくれるロイさん。HIKERに対する思いやりとジャマイカ料理への誇りが感じられました。

でも、私はロイさんに
「今日は、いつも通りのロイさんの”感覚”でやってみていただけませんか?」
とお願いしてみました。するとロイさんの手が一気にスピードアップ (笑)!

揚げている最中の「フライド・ダンプリング」からは良い香りが漂ってきます。

フライド・ダンプリングもたくさん作ってくれました!
フライド・ダンプリングもたくさん作ってくれました!

スイーツは焼き菓子「ラムレーズン入りココナッツブレッド」

続いて、食後の楽しみ「ココナッツブレッド」♪またもや、ささささーっとあっという間にココナッツブレッドの材料を目分量で混ぜていくロイさん。

作っているところを見ていると、ココナッツブレッドの生地の材料には牛乳は使わずに水を使っていたロイさん。ケーキには牛乳を使うと思い込んでいましたが、実は材料にココナッツの実を粗挽きしたココナッツファインを使っているのでミルクのようなものが染み出してくるのです。ココナッツの味を楽しむためにも牛乳より水がいいのだそう。なるほど。
そしてこちらがロイさんのお手製ラムレーズンです。

一週間もののお手製ラムレーズン。よーくラム酒を吸ってぷっくりとしてます。いい香り……!
一週間もののお手製ラムレーズン。よーくラム酒を吸ってぷっくりとしてます。いい香り……!

ココナッツブレッドの生地に混ぜて、焼き上げていきます。そしてこちらが焼き上がり♪

たっぷりのレーズン!ケーキの断面というものは、なんだかいつも微笑ましくなってしまいます♪
たっぷりのレーズン!ケーキの断面というものは、なんだかいつも微笑ましくなってしまいます♪

甘い香りがキッチンにいっぱいです。ああ、焼き立てを食べたい!でも、ロイさんいわく、焼きたてよりもちょっと時間が経ったもののほうがおいしいのだそう。

さて、ココナッツブレッドが焼きあがったので、あとは下味がしっかりついたジャークチキンをオーブンにいれてしばらく待ちます。

料理の完成を待っている間にみんなで一杯!ロイさん、おいしそうにお酒をゴクゴク♪

私達もお言葉に甘えてお酒をいただきました。

ゴクゴク美味しそうにお酒を飲むロイさん。はにかむ笑顔が素敵です!
ゴクゴク美味しそうにお酒を飲むロイさん。はにかむ笑顔が素敵です!

食事前ですがみんなほろ酔い気分になり、会話が弾みます。

するとロイさん、今度はココナッツのウォッカを出してきてくれました。カクテルに使うココナッツリキュールは見たことがありますが、ココナッツのウォッカは今まで見たことがなかったので、興味津々。どんな味がするんでしょう……。

真っ白なココナッツウォッカは、アルコール度数が30%です。
ジャマイカでは、サトウキビからできたラムで有名ですが、こちらのココナッツウォッカもよく飲まれているとか。

せっかくだから、ということで少し頂いちゃいました。うーん!甘くておいしい……そして、さすがウォッカなだけアルコールがかなり強いです!けれど、ここはジャマイカの食卓。ロイさんの文化に従って、我々もお酒のお陰でどんどん楽しくなっていきました (笑)。

いよいよお待ちかねのお食事タイム♪

そしてお酒も程よくまわってきたところでお食事スタートです!

念願のジャマイカ料理です。どれもこれもおいしそうです!
念願のジャマイカ料理です。どれもこれもおいしそうです!

自分のプレートにたっぷりのご飯を盛って、さらにその上にドーンとジャークチキン、アキー&ソルトフィッシュ、フライド・ダンプリングを盛り付けます。この瞬間をずっと楽しみにしてきてました……!

「アキー&ソルトフィッシュはフライド・ダンプリングと合わせて食べてね。本当はこのダンプリングには砂糖入れないんだけど、これにはちょっと甘味を入れたほうが合うんだ。」

そして、実際にパクリ。あ〜!そうそう!これこれ!この白子のようなアキーの濃厚さ!久しぶりに食べることが出来た懐かしの味!しっかりした味付けにほんのり甘いフライド・ダンプリングも後を引きます。ロイさんが言っていた通りフライド・ダンプリングは少し甘いほうがおいしいかもしれません。

お次はジャークチキン、ん~~!!お肉の味が凝縮されてて、スパイスがよく効いています!そして、ロイさんか最高においしいジャークチキンの食べ方を教えてもらいました。

それはご飯の上にジャークチキンをのせてそこにチリソースをかける!これは、もうご飯が止まりません!ココナッツミルクで炊いたまろやかなごはんにぴりっと酸っぱいチリソースがアクセントになります。

すっかり、自分の留学していたときのことを思い出して記憶がタイムスリップしてしまいました。

今回一緒に参加した友人も初のジャマイカ料理のおいしさに目覚め、アキー&ソルトフィッシュは完全に平らげてしまいました。

そしてロイさん、キッチンへ行ったかと思うと、なんとお食事用のカクテルを用意してくれました。今回のKitchHike、呑んでばっかりですね (笑)。

ロイさんお手製、お食事用カクテルが登場!さて、これは何のカクテル?
ロイさんお手製、お食事用カクテルが登場!さて、これは何のカクテル?

これは「tan-up」(タナップ) というにんじんジュースとギネスビールで作られているそうです!明らかにアルコールですが、ジャマイカでは子どもも飲むんだそう!?

こちらが「タナップ」の材料。なんとコンデンスミルクチューブ1本まるごと使われているそうです (笑)。ジャマイカの人は、甘党ですね。
こちらが「タナップ」の材料。なんとコンデンスミルクチューブ1本まるごと使われているそうです (笑)。ジャマイカの人は、甘党ですね。

まるで友達のパーティーへ招かれた気分でした♪

私たちが黙々と食べているとロイさんが、「”おいしい”という言葉よりも君たちの食べている様子で、僕の料理をとっても気に入ってくれたってことがわかるよ!すごく嬉しい。」と、にっこり。
そうなんです。本当に無我夢中で食べてしまったほど、おいしかったんです。

そんなロイさんの食卓も、終わりの時間。
すっかりお腹いっぱいで玄関を後にするとき、「またいつでもおいで~!」とあたたかく見送ってくれました。

ロイさんとは今回初めて会ったのに、友達の家にパーティーに行った感覚でとっても楽しかったなあ。

最後に2人でツーショット!たくさんの新しい発見があったKitchHikeでした。
最後に2人でツーショット!たくさんの新しい発見があったKitchHikeでした。

ロイさんありがとうございました!またお邪魔します!ごちそうさまでした!

Information

(※ 現在こちらのPop-Upは終了しました)