食べたことも見たこともないイタリア家庭料理。ちょっとディープなイタリア時間を体験しました!【KitchHike体験談】

こんにちは!
今回初めてのKitchHike体験をしてきました、中田皓一です。

「うまく会話ができなかったらどうしよう?」と、不安がってなかなか予約を入れる決心がつきませんでしたが、大好きなイタリアン、それも旅行で行った懐かしのトスカーナの料理を食べられるという期待に背を押され、イタリアはトスカーナ出身・キアラさんのお宅にお邪魔してきました。

予約の段階から、その流暢な日本語にビックリ!言葉の使いまわしがほんとに日本人らしくて、一気に緊張がほぐれました。
今回は、私の友人とキアラさんのご友人2人、合計4人での訪問でした。

コースのイタリアンをみんなで堪能!

みんなで順番に手を洗ったら、早速前菜から料理開始です!
まずはくりぬいたゆで卵の黄身を味付けし、白身の器に盛り合わせた「詰め卵 (Uova ripiene)」から。
黄身にアンチョビ、ケッパー、ドライトマト……とテキパキ材料を加えるキアラさん。

写真_R
テキパキしているキアラさん、今までに多くのHIKERにおもてなしをしています

見たことのない食材が登場するたび、「これは何?」と聞くと「カラスミです~。成城石井などで買えますよ!」ととても丁寧に教えてくれます。
オリーブオイルも、加熱用と生食用で分けている食材へのこだわりよう!
うぅ~!いやがおうにも期待が高まる!おなかがすいた!

写真①_R
ひとくち食べれば味わいが広がる絶品の前菜

同時並行で、「菜の花と生ソーセージ炒め (Cime di rapa con salsiccia)」も調理スタート!
なんと、ペースト状の菜の花を使いました!ちなみに日本の菜の花とは品種が異なるようです。

写真②_R
菜の花とソーセージという意外な組み合わせ!

おいしい匂いに耐えかねたHIKERたちを見て、キアラさん、ちょっと早めの「いただきます」を提案してくれました。

どうやらイタリアの食卓はいっぺんに全てをテーブルに載せて始まるのではなく、コース形式。前菜からメインへと流れに沿って少しずつ出していくのが普通のようです。
まずはやっぱりワインで乾杯!

そして自分たちで作った詰め卵をパクリ……美味しい!
「あ、これさっき入れてたアンチョビだ!」「ケッパーが利いてる!」「ドライトマトの食感がいい!」「カラスミ美味しい~」と、分析しながら楽しめるのも、作る過程があってこその楽しみ♪

続いて、菜の花ソーセージへ。
「あれ?菜の花の苦味がまったくない!やさしい味~」
ちょっぴり利いた塩気が、パンにも合う!

「これは知ってますか?」とキアラさん自慢のトスカーナの郷土料理「リボッリータ (Ribollita)」が出てきました。

写真③_R
スープが染みてる!もっチリパンとお野菜のイタリア版雑炊

少し古くなったパンを入れて作る、雑炊みたいなもの。
スープを吸い、もっちりとした食感となったパンのほか、ニンジンや日本ではみかけない「カボロネーロ」という黒キャベツなんかも入れて。

写真④_R
日本ではなかなか見ない黒キャベツ

黒キャベツはケールのような深緑の縮れた葉をもつ野菜。
栽培されているお知り合いの方に分けてもらっているんだとか。

メインの手打ちパスタに行く前に、ここでちょっと休憩。日本では珍しい海外の食べものについて盛り上がりました。

イタリアといえばやっぱりパスタ!こだわりの手打ちパスタに舌鼓!

スパゲッティーはよく食べるけど、パスタの種類が多すぎる!と他のHIKERさん。
実はイタリアではレストランで独自のパスタを作って名前付けているのもあって、イタリア人も分からないことがあるんだとか。
そのなかでもニョッキは簡単だそう。キアラさんもじゃがいもやかぼちゃを混ぜていっぱい作り、冷凍保存しているみたい。

「イタリアではよくパスタを手打ちするんですか?」「いえいえ、みんなでおばあちゃん家に集まるときや、家族でちょっとしたパーティーをやるときくらいです」
それは確かに盛り上がりそう♪

さあ、メインの手打ちパスタ、「ピーチパスタ、ペポーゾのソース (Pici con sugo di peposo)」を作っていきます。

あらかじめ作っておいた生地にオリーブオイルを塗り、3mm間隔でカット。形を整えながら並べていきます。

写真⑤_R
パスタ製造中!これが結構難しい……

切った生地がくっついてしまい、なかなか難しい……。
そして、5人がかりで約30分!「やっと終わった~!」と思ったら、「あと1枚ありますよ!」と笑顔のキアラさん。

え〜……まだあったのか…… (苦笑)。

ちなみに打ち粉にも、パスタの主原料デュラム・セモリナ粉 (人生においてここくらいでしか使わなさそうな単語!) を惜しみなく使っています。
パスタへのこだわりは並ではありません!

パスタを茹でながら、牛すね肉を赤ワインで3時間以上煮た、ペポーゾソースをお披露目。

写真⑦_R
いいにおいが食欲をそそります~

さっきからいいにおいだして食欲をくすぐってたのはこれでした!
さてさて、出来上がったところでこのソースと手作りパスタを絡めます。

写真⑧_R
ソースがよく絡んで美味しい!

茹で上がったパスタはとってももっちりしていて食べ応え抜群!どっしりとしたペポーゾソースがよく絡み、絶品です!自分で伸ばした麺だから、より美味しい!

サラダ「マッシュルームとパルメザン入りほうれん草サラダ (Insalata di spinaci con champignon e parmigiano)」も一緒にいただきました。

写真⑨_R
お口直しにさっぱりのサラダ!うん、よく考えられています!

あれ?このタイミングでサラダ?って思ったけど、大正解!サッパリとしていて、口の中をリセットしてくれます。しっかりとかかったパルミジャーノもおいしい!

満腹でもやっぱりデザートは別腹!おかわりしちゃう絶品

デザートは 「栗粉のフリッテッレー (Frittelle di castagne)」。トスカーナでは栗をよく食べるんだそうです。
栗の粉に松の実を混ぜ、油で揚げていきます。あま~い香りが部屋に立ち込め、満タンだった胃袋に別腹ができました。
冷たいアイスを乗っけて、半分溶けたところが食べごろ。アツアツひんやり、あま~いデザートが、食後のコーヒーに絶妙にマッチ!おなかいっぱいだけど、おかわりしちゃいました!

写真⑩_R
お腹がいっぱいでも絶品デザートだと別腹!

さらに、キアラさんのお父さん手作りの食後酒もサービス。甘めだけど、ちょっとキツめのリキュールでした。
それと、キアラさん、本当は一般のお店に頼まれて作っちゃうほど、ティラミスが得意なんだとか。
今回は、そのお店が有名すぎるから作らなかったみたいだけれど、それも食べたかった……!

写真⑪_R
キアラさん、そして、本日同席できた他のHIKERさんとのご縁に感謝!

とってもなごやかな雰囲気で盛り上がり、開始からあっという間に6時間経ってしまいました。
今回出してもらった郷土料理の数々は、日本のレストランでは味わえないものばかり。
他のHIKERさんの言葉を借りると、「ちょっとディープなイタリア」を体験できます!

イタリアンが好きな皆さん、Let’s予約です!

Information