本場イスラエルの家庭料理「フムス」と「ファラフェル」のレシピも教えてもらいました♪【KitchHike体験談】

こんにちは!今回、初めてKitchHikeを体験してきましたMichikoです。
記念すべき最初のKitchHikeはベンジャミン (Benjamin) さんのお宅でイスラエル料理を堪能してきました。
COOKのベンジャミンさんとは、事前のメールのやりとりだけだったので、まさか古希をむかえたHIKERが現われるとは思っていなかったのかも (笑)?
今回のKitchHikeで特に楽しみにしていたのは、ひよこ豆のペースト「Humus (フムス)」です。ベンジャミンさんが教えてくれたレシピもこっそり公開しちゃいます♪

さて、今回のKitchHikeはディナーでの予約でした。COOKがお仕事から帰宅されて、20時のスタートです!

定番のイスラエル料理はどう作られるの?

ひよこ豆ペースト「フムス (Humus)」と、同じくひよこ豆のミニコロッケのような「ファラフェル (Falafel)」を作ってくれました。
さて、まずはファラフェル (Falafel) から。本場の味はどのようにして作られているのでしょう?

下準備が肝心!ヒヨコマメはあらかじめ浸水させておくこと!
下準備が肝心!ヒヨコマメはあらかじめ浸水させておくこと!

1.まずは、ひよこ豆は朝から水につけてスタンバイ!下準備が大切なんですね。
2.水で戻した豆の半分は圧力鍋で30分ほど茹でで「フムス (Humus)」にします。
3.残りの半分は生のまま、フードプロセッサーにかけ、タマネギ、パセリ (あればコリアンダー) も加え、みじん切りに。
4.クミン、ベーキングパウダー大さじ1弱、薄力粉大さじ1強、塩、胡椒少々を加え、手で形作り油で揚げます。

「イスラエルにはファラフェル (Falafel) 用のスプーンがあるんだけど、日本にはないから手で丸めて!」とベンジャミンさん。専用のスプーンがあるだなんて、ファラフェル (Falafel) はイスラエルでは一般的なんですね!
「僕がつくるから、座っていて。」と言われましたが、興味津々の私は、座っていられませんでした (笑)!

興味津々のわたし
興味津々のわたし

「天ぷらには油を沢山使うけれど、僕は、節約!」と、通常使用する量よりも少ない油で揚げました。
しばらくすると、いい焦げ色がついて、ファラフェル (Falafel) の出来上がり!
外はカリカリ、中はパセリのグリーンが鮮やかです。

そして、お次はお待ちかねのフムス (Humus)です!

手前からフムス (Humus) と、ファラフェル (Falafel)。美味しそうに出来上がっています!
手前からフムス (Humus) と、ファラフェル (Falafel)。美味しそうに出来上がっています!

1. 茹でて指でつぶせるくらい柔らかくなったひよこ豆、練りごま1/2カップ、レモン汁半個分、にんにく1かけをフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。

ペースト状にしていきますよ!
ペースト状にしていきますよ!

2.オリーブオイル1/4カップを加えさらになめらかに。
3.仕上げにチリペッパーと青唐辛子のペースト、さらにオリーブオイルをまわしかけて出来上がり!

ベンジャミンさん曰く「僕は砂糖を少し入れるのが好き。塩も少々」とのこと。砂糖や塩はお好みで調節してベストな味を探し出したいですね!

出来ました〜!そして、奥さまお手製のライブレッドを添えて♪

5bread_R
お手製パンと一緒に!これがよく合うのです。

KitchHikeのCOOKとして、既に多くのHIKERを受け入れてきたベンジャミンさん。
「フムス (Humus) & ファラフェル (Falafel) のメニューは、もう10回ぐらいやったから、今度は他のメニューにしたいな。」とのこと。これは、注目です!

お部屋にはベンジャミンさんの故郷の光景かなと思われる絵が飾ってありました。

6picture_R
お部屋にはベンジャミンさんの故郷を思わせる絵が飾られていました

チャイを飲みながら、旅の話、食べ物の話、趣味の話、家族の話など。飾らない気さくなベンジャミンさんの自然体の“お・も・て・な・し”が何よりのごちそうでした。素敵な時間を過ごすことができてとても嬉しかったです。

Thank you Benjamin. We had a wonderful time at your place.
Very nice to talk to you and thank you again for your hospitality and good food.

Information

ベンジャミンさんの家庭料理を食べに行ってみよう!

hummus-falafel

その他の、日本に住んでいる外国人COOKのメニューページを見てみる

だれのごはんを食べに行く?