ハーブのことがたくさんわかる!香りと色を楽しむSatomiさんの「ハーブの世界」を体験してきました【KitchHike体験談】

今回のHIKERさん♪

hiker
Yukaさん(20代/女性)
・職業 学生
・HIKER回数 2回目

・どんなシーンで?

週末に一人で参加してみました。
・なんで使ったの?
ハーブを使った料理をあまり食べたことがなかったので、食べてみたかったのと、ハーブの使い方を知りたいと思い参加しました。
・コメント
お料理が美味しかっただけではなく、Satomiさんや他のHIKERさんと色々なお話をできてとても楽しい時間を過ごせました。初めて会った人でも食を通して仲良くなれることがKitchHikeの良さだと感じました。

こんにちは。HIKERのYukaです。今回はSatomiさんの「食卓を豊かにするハーブの世界」に参加してきました。ハーブと言うとおしゃれなイメージで、なんとなく憧れてはいたのですが、あまり使ったことがありませんでした。
そこで、「ハーブの使い方を知りたい!」「新たな食べ物を食べたい!」という思いで、当日はわくわくしながら今回の会場へ向かいました。

今回の会場は、なんとブックカフェ!上野のROUTE89 BLDGという空き家を改装して作られたとてもおしゃれな空間です。
植物がたくさん置かれ、さまざまな本がたくさん並べられています。
そんなブックカフェの奥にキッチンはありました。キッチンへ行くと、Satomiさんが笑顔で迎えてくれました。

優しくSatomiさんがお出迎え。すでにキッチンにはおいしそうな香りが充満しています
優しくSatomiさんがお出迎え。すでにキッチンにはおいしそうな香りが充満しています。

おいしそうな匂いに興奮し、「これは何ですか?」「これは何ですか?」とついあれこれ聞いてしまいました。

トマトの香りが食欲をそそります。
トマトの香りが食欲をそそります。

ハーブの世界をもっと楽しむためにはちょっとした工夫がありました

心を込めて食事の準備を進めていくSatomiさん。

例えば、ごはん。ごはんを炊き込む時だけではなく、炊き上がってからも仕上げにハーブを入れることで香りをより楽しめるそうです。

ごはんと一緒にハーブを入れて炊くのは新たな発想でした。
ごはんと一緒にハーブを入れて炊くのは新たな発想でした。

炊き立てほやほやのご飯に新鮮なハーブをトッピング。

さらにハーブをトッピングします。
香りを引きたたせるべくハーブを惜しみなく使います。
ハーブがたーっぷり使われたご飯の完成です!
ハーブがたっぷり使われたご飯の完成です!

今回は7人のHIKERさんがいらっしゃり、ほとんどの方がKitchHikeは初めての参加でした。
皆さん食べることが大好きで、Satomiさんのお料理に興味深々!
ハーブの使い方など色々なことを質問していました。

これは、なんのハーブだろう?どんな香りがするのだろう?とみんなで盛り上がりました。
これは、なんのハーブだろう?どんな香りがするのだろう?とみんなで盛り上がりました。

お料理も出来上がり、いよいよ実食タイムに突入です。

お品書きの置かれ方もとてもおしゃれ。気分が上がります!
お品書きの置かれ方もとてもおしゃれ。気分が上がります!

おしながきの下にはクリスマスを感じさせるような紙ナプキンが。これも参加者に喜んでほしいというSatomiさんの気持ちです。

おいしいご飯で気持ちも表情も晴れやかに!皆で囲む、和やかな食卓

今回のメニューはこちら

    • 5種のハーブライス
    • キャロットジンジャーメープルスープ
    • 自家製ハーブソーセージのトマト煮込み
    • ローズマリーポテト
    • ハーブチーズのディップ
    • ポワンタージュのバゲット
    • ハーブティ
ハーブがふんだんに使われたお料理は優しい色合いで思わず笑みがこぼれます。
ハーブがふんだんに使われたお料理は優しい色合いで思わず笑みがこぼれます。

初めて会った参加者の方たちとも、一緒にごはんを食べながら料理のことや海外のことなど色々な話をして盛り上がりました。

「はじめまして」だったHIKERも、食をとおして和やかな雰囲気に!
「はじめまして」だったHIKER同士も、お料理を囲んですっかり和やかなひとときに。

特に楽しそうにお話していたSatomiさんが印象的でした。

おいしい料理と一緒にその場の雰囲気も明るくしてくれるSatomiさん
おいしい料理と一緒にその場の雰囲気も明るくしてくれるSatomiさん。

Satomiさんは、イギリスやオーストラリアに留学して食について学んだだけではなく、フランスやイタリアで料理ホームステイもしていたそうです。
フランスでは、食事の時間がとても大事にされていて、丁寧に料理し、たっぷり時間をかけて食事を楽しむそうです。
「毎日たくさん食べて胃が崩壊しそうだった。」と楽しそうに語ってくれました。
海外で生活する中で、びっくりするや不便なこともあったようですが、それすらも楽しんでいたようでした。
Satomiさんはいろいろなことを経験されているようでお話の節々から伝わってきてとても魅力的な方だなあと思いました。
みなさんもSatomiさんに会いに行ってみてはいかがでしょうか?ごちそうさまでした!

Information

 

だれのごはんを食べに行く?