南伊豆町を丸ごと味わいながら、ローカルな魅力を教えてもらおう【静岡県・南伊豆町オンライン体験レポート】

海の幸・山の幸を楽しみながら、知られざる秘境を知れるオンラインツアー

都心から3時間で行ける「秘境」、静岡県・南伊豆町。
日帰りだと回りきれないほど観光スポットが多く、海外のように美しいビーチ、見晴らしのよい丘公園、歴史や伝説が残る神社がある街並みと海も山も町も見どころたっぷり。

こんにちは、キッチハイク編集部です。
今回、そんな豊かな自然に囲まれた南伊豆町をおうちで満喫できるオンラインツアー、JTB × 南伊豆町 × キッチハイクのコラボ3回目となる<海も山も一周編>を開催しました!
回を重ねるごとに、南伊豆町ファンが多くなってるこのシリーズ。その様子をレポートします。

静岡県南伊豆町の海と山の幸、地ビールが事前に届く



今回も、オンラインツアー前日に南伊豆町の幸が詰まったセットが届きました。届いたものはこちら。

・鹿肉たっぷり!キーマカレー
・伊勢海老の旨味たっぷりムース
・海の恵みたっぷり!ブダイのアクアパッツァ
・反射炉ビヤ「南伊豆グアバシェイクW-IPA」
・伊豆名産ひじき
・松本ちえこさんの手作りジャム
・旅のしおり

楽しみにしつつビールをしっかり冷やし、当日を迎えます。
お料理は、袋ごと湯煎にかけるだけなので準備に時間がかからないのも嬉しいポイント。

封を切り、器に盛り付けるとふわーっと良い香り。早くいただきたい!

南伊豆町に各地からご参加のみんなで乾杯&いただきます!

さて、オンラインツアーの始まりです。
第3回目となる今回は、“南伊豆町長”もご参加!笑顔でご挨拶していただきました。
モニターの向こうにいる、50名以上の皆さんと念願の乾杯!

口の中で爽やかな香りが広がり、なんとも美味しいビール。

海から山の幸まで、南伊豆町を丸ごと味わえるお料理たち

早速、今回のお料理を手がけてくださった、愛菜食堂がじゅま〜るさんから料理の説明です。

「鹿肉たっぷり!キーマカレー」は南伊豆町の猟師荒川さんが獲った鹿肉を、野菜とスパイスでじっくり煮込んで作ったそう。

「南伊豆町の鹿肉は、臭みもなくて食べやすいんですよ」とがじゅま~るのYUIさん。

鹿肉のゴロゴロとした噛みごたえもたまりません。南伊豆町産のエシャロットはゆずの風味がきいていてカレーとの相性もばっちり。

今日のゲストのお一人である、お米農家中村さんが作られた「かえるちゃん米」も、もちもちで美味しい!のちほど、お話がうかがえるとのことで楽しみです。

「伊勢海老の旨味たっぷりムース」はその名の通り、口の中が伊勢海老の香りでいっぱい!大量の伊勢海老から身を取り出す作業も大変だったかと思うと、よりありがたみを感じます。

「海の恵みたっぷり!ブダイのアクアパッツァ」は市場にはあまり出回らないブダイがたっぷり入り、スープまで美味しく完食です。

参加者の方たちからは「鹿肉キーマカレーが美味しい!」「かえるちゃん米、カレーにもぴったり!」など大好評なコメント。

美味しい料理をいただきながら、農産物や直売所、美しい海に干物など、南伊豆町の魅力が詰まった動画を楽しみます。

かえるの合唱が聴こえる田んぼから生まれたお米

さて、料理とお酒を楽しみながら、お楽しみのゲストトーク。
最初のゲストは、お米農家の中村大軌さん。埼玉県で育った中村さんは、就職を機に南伊豆町に移住して17年になるそうです。無農薬の「大喜米」に、農薬が少ない「かえるちゃん米」と「にっこり米」、3つの栽培方法でお米を生産しています。

「『かえるちゃん米』という可愛い名前の由来は?」と、さっそく参加者からもコメントで質問が。

「かえるは田んぼの神様の使いと言われ、春に山から神様と一緒に降りてきて、田んぼで悪い虫を食べてくれたり、田んぼでおたまじゃくしを産んでたくさん増えたりします。秋になると大きくなって山に帰る、田んぼには欠かせない生き物なんです。うちの田んぼにも何千匹とかえるがいますよ (笑)」と中村さん。

かえるの大合唱が聴こえてくる田んぼ、美味しいお米ができるに違いありません。

どんな田んぼか見てみたい、体験したいという方には、中村さんの田んぼで米農家の日常を体験できるツアーも開催されているそう。 (詳しくは、南伊豆くらし図鑑を見てみてくださいね。)
体を動かした後は、中村さん宅の台所で一緒にお米を炊いておむすびを食べることができます。お手伝いした後のご飯は、さぞかし美味しいでしょうね!

素人でも金目鯛を釣れるかも?漁師に案内してもらおう

2番目のゲストは、漁師の佐野さん親子。
お父様は金目鯛、息子さんはハタをメインに1本釣りをされていて、船で釣った翌日には豊洲市場に魚が並びます。

金目鯛は4~5種もあるそうで、中でも伊豆半島の付近に生息している地金目は、赤海老、黒イワシなどを食べるため脂のノリが違うのだそう。さらに3キロの金目鯛になるには、なんと…20年もかかるのだとか!

ここで、自分で釣ってみたいという方に朗報!佐野さんと釣り船「愛丸」に乗って、案内してもらえるとのこと。素人でも、プロに案内してもらうと釣れるとのこと。南伊豆町の美味しい魚を釣り上げてみたい!という方は、『愛丸』公式サイトをぜひチェックしてみてくださいね。

南伊豆町を探検気分でめぐる!ジオガイド

3番目のゲストは、ジオガイドをされている池野玉枝さんと長田敏江さん。

伊豆半島は、ユネスコ世界ジオパークにも認定され彩り豊かな自然いっぱい!石廊崎にある熊野神社には縁結びの神様もいらっしゃるとは、ぜひお参りさせていただきたい (笑)

南洋の海底火山だった地域なので、岩場にはたくさんのトンネルがあり、カヤックで通り抜けもできちゃいます。

参加者からは「某有名テーマパークで岩が精巧に再現されたけど、南伊豆町ならリアルに体験できるんですね!」のコメントも。美しい海と岩場をカヤックで楽しめるとは、まさに探検気分です。
南伊豆ジオガイドの会から申し込みすると、お二人にご案内いただけるようですよ。

グルメに温泉、絶景スポットも!南伊豆町の魅力をご紹介

このシリーズではおなじみのJTBの田川さん、案内の旗まで持っていただき気分はリアル南伊豆町ツアー!

伊勢海老、金目鯛、干物屋さんなどの「グルメ」に、塩分あり美人の仕上がり湯と言われる「下賀茂温泉」、奇跡の海と言われる青いヒリゾ浜、日本の渚百選にも選ばれている弓ヶ浜や、朝日や夕暮れを眺めることができるユウスゲ公園などの「絶景スポット」、海底に沈めて波の微振動で美味しくなる海底熟成ワインなどなど!1日では足りないほどの南伊豆町の魅力を教えていただきました。

さらにローカルな魅力を知れる、交流タイムへ

さて、オンラインツアーでは毎回恒例、お楽しみの交流タイムです。数組に分かれて、南伊豆町の方たちと少人数でお話できます。

今日の美味しいビールを提供いただいた反射炉ビアの稲村さんからは、こちらのビールが立ち飲みできる駅直結のお店から中継していただきました。伊豆長岡駅で終電の2分前まで飲めるとは魅力的。
定番ビール3種に、月に6種ほど期間限定ビールも作られているそうでこれは全種制覇したくなってしまいます。なんと伊豆にはビール醸造所が10社以上あるそうです!ビール好きな方は、それを目当てに巡る旅も楽しそう。飲み過ぎて目が回らないよう注意です (笑)。

南伊豆町観光協会の桑原さんからは、参加者からの「良い飲み屋はありますか?」の質問に、地元の方たちが通う中華料理屋さんなど教えていただきました。町中華好きの参加者からは「魅力的すぎる!」と大盛り上がり。
気になる方は、ぜひ南伊豆町観光協会に伺った際に、聞いてみてくださいね。そんなローカルな情報を聞けるのも、オンラインツアーのよいところです。

リアルな南伊豆町へ!お手頃で充実ツアーを開催

最後に、再びJTB田川さんがご登場。
2月には、お値打ちすぎる南伊豆町ツアーのご案内をしていただきました!ちょうど、河津桜もみれるとはなんとも嬉しい。
充実のオンラインイベントも引き続き開催するそうで、まだまだお楽しみは続きます。

南伊豆町オンラインイベント、回を重ねるほどに南伊豆町にまだ行かずとも、仲良しになった現地の方たちができたように感じるのも、この企画ならでは。

今日も美味しい料理をご用意いただいた愛菜食堂がじゅま〜るさん、南伊豆町の町長さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!現地でもお会いできることも楽しみにしていますね。

※ 緊急事態宣言による静岡県の方針に従い、2月のJTB主催現地ツアーは5月に延期となりました。