手料理をもっとおいしく撮りませんか?KitchHike流おいしい料理写真の撮り方講座。スマホでも綺麗に撮れる3つのコツ!

こんにちは、KitchHike編集部です。

手間ひまかけて一生懸命作った手料理、もっとキレイに撮れたらいいですよね。

はたまた、旅先で美味しい料理や面白い食べ物に出会ったときも、思わず写真に撮りたくなりますよね。

その写真を見た人がうらやましがってくれたら、内心にやり。

でも、せっかく撮っても、なんだか実際より美味しそうに見えないなぁっていうこと、ありませんか?

 

そこで今回は、料理を美味しそうに撮るコツを教えちゃいましょう。

知り合いの腕利きカメラマンにこっそり教えてもらった方法です。

スマホにも同じ原理が応用できますので、スマホ派のあなたもご安心を。

 

細かいことを言い始めれば切りがありませんが、この際、露出やシャッタースピードなどは一切無視。

カメラに詳しくなくても、すぐに使える方法ばかりを集めました。

 

ポイントは3つ!

スマホのカメラで撮影するときにも、もちろん活用できます。

ちょっとしたコツで、写真の出来は大きく違ってくるものなのですよ。

 

では、レクチャー開始です。

ポイント① 光を探せ!

 

実は、写真の良し悪しってカメラ以前に決まってしまうことが多いのです。

なんといっても、いちばん大事なのは光。

旅先でレストランに入ったら、まずは室内をぐいっと見渡し、なるべく明るい席を選んでください。

夜や地下でなければ、窓際がいいですね。

外光が入らないところなら、照明を見て、できるだけ明るいところへ。

 

そして、料理を撮るときの原則は、逆光で撮ること。これを覚えておいてください。

 

比較のため、順光と逆光の写真を並べてみました。

上が順光、つまり光が自分の側から当たっている状態ですね。

下が、逆光、つまり自分が光源と相対した状態です。

 

_IGP5684更新

_IGP5691更新

 

下のほうが、美味しそうではありませんか?

 

特に野菜のみずみずしい感じは、光を受けることで際立ちます。

これをカメラマンさんたちは、「エッジが立つ」とか「シズル感が出る」などと言います。

 

上が順光で撮ったサラダ。下が逆光で撮ったものです。みずみずしさが違いますよね。

 

_IGP5511更新

_IGP5513更新

 

ちなみに、サラダや果物は、渇いてるなと思ったら、水をほんの少しパシャパシャッとふりかけてみましょう。

イキの良さが演出できます。

 

ここでひとつお断り。

「逆光」を意識して、と書きましたが、パンなど素材の質感を出したいときは、斜光、つまり自分の右か左から光が差す状態で撮影するとよい場合があります。

洋服の布地を想像してもらうとわかると思いますが、同じ方向からの光で撮影すると、フラットな感じになり、ふわっとしているのか、ざらっとしているのか、表面の質感がなかなか伝わりません。

それを斜めから光を当てると陰が出て、より質感が伝わりやすくなるのです。

 

これが斜光で撮影したバゲットです。右から光が当たっているのがわかりますよね。

 

_IGP5283 (1)更新

 

<①のハイライト>

◎    基本は逆光!

◎    素材感は斜光で出すべし!

◎    水を吹きかけてみずみずしく!

ポイント② 白を利用せよ!

 

①の原則「逆光で撮る」を守って撮影すると、陰になる手前がどうしても暗くなります。

高さのある食べ物のある場合はなおさら。

カメラに補正機能があれば、露出を上げて明るくするという手もありますが、それだと全体的に明るくなります。

 

手前だけをもう少し明るくするにはどうするか。

そのときは、自分の荷物やテーブルの上に「白いモノ」がないか、探しましょう。

ノートとか、メニューの裏とか、何でもOK。

なるべく大きな面のあるものがおすすめです。

これが、いわゆる「レフ板」の代わりになります。

自分が白い服を着ていれば、それも立派に代用品。

この「なんちゃってレフ板」で光を受けて、手前の食べ物に当たるようにするのです。

 

上が「なんちゃってレフ板」ナシ、下がアリの写真です。結構、違うでしょう?

手前のパンの色が結構違って見えませんか?

ちなみにこれは白い封筒をレフ板代わりに使っています。

 

_IGP5567更新

_IGP5566更新

 

自宅の食卓でぜひ実験してみてください。

白いノートなどで光を受け、料理に当たるように角度を調整してみましょう。

結構明るくなるのがわかると思います。

 

このテクニック、料理以外のもの、たとえば人を撮影するときにも、もちろん役立ちます。

人の撮影なら、顔の下に白い布や紙をもってきて、光が顔に当たるように調整してみてください。

顔色が明るくなってキレイに撮れます。

 

<②のハイライト!>

◎    陰になる部分はなんちゃってレフ板で明るく!

◎    白いモノなら自分の洋服もOK!

 –

ポイント③ 料理の顔を見定めよ!

 

最後になってしまいましたが、これもカメラ以前の大事なポイント。

写真を撮る前には、料理の「顔」を見定めましょう。

料理を盛り付けてみたら、そのままパシャリではなく、どこから見た「顔」が美しいか、ちょっとばかり検討してみるのです。

何がメインか、何をいちばん美味しそうに撮りたいかということでもありますね。

ファインダーやモニターをのぞきながら、皿をちょい、ちょいっと回して、いちばん美味しそうな角度を探してみてください。

実はこれ、写真の出来を左右する意外に大きなポイントです。

 

それでも、角度に悩んでしまった時の裏ワザをお教えしましょう。

それは、「俯瞰して撮る」ことです。真俯瞰から撮った料理は、意外にも画になります。

キッチハイクのトップページにも使われていますね。

丸いお皿がとても可愛い顔をしてくれること、うけあいです。

 

KitchHike_image3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここまできたら、もうひとつ小ワザを伝授。

材料を撮るのです。野菜や果物は、基本的にはとても色鮮やか。

天然の色をぜひ利用してみてください。材料の時点でおいしそうに見えるなんてこともあります。

 

KitchHike_image1

DSC_0049

 

<③のハイライト!>

◎    どこから撮ったら美味しそうか皿を回して決める!

◎ 悩んだら真俯瞰で!

◎ 材料も立派な料理!天然の色を活用しよう!

 

では、今回はこのへんで。

次回は飲み物編をお届けします。お楽しみに!

 (ライター/佐藤ことり)

▶Discover the world through kitchens! – https://kitchhike.com/

KitchHikeでは、無料のユーザー登録をおすすめしています。ご登録いただきますと、KitchHike Magazineの新着記事まとめやKitchHikeの最新情報のお届けなど、様々なサービスをご利用いただけるようになります。この機会にぜひご登録をお願いいたします。

登録は、こちらから。