『みんなの食卓』ムーブメントが起きている!COOKさん・オーナーさんにありがとうの気持ちを込めて、感謝祭を行いました!

キッチハイクの『みんなの食卓』は、現在、東京・神奈川・千葉・埼玉の自宅やシェアキッチンなど、合わせて30ヶ所以上で毎日開催されています。週に1回は『みんなの食卓』で食事をしているという方も増えており、まさに日常使いで利用されています。

それもこれも、お料理をしてくれるCOOKさんや、開催場所を提供してくれるオーナーさんがいるからこそ。そんなみなさんに感謝を込めて、COOKさん・オーナーさん限定の『みんなの食卓』感謝祭を開催しました!今回は、先日行われた感謝祭の様子をお伝えしたいと思います。

「キッチハイクが描いている食の未来を、直接みなさんにお話したい!」そんな思いから、当日は『みんなの食卓』運営スタッフの4人に加え、共同代表の山本も参加。また、みなさんへの感謝の気持ちを込めて、今日のCOOKはスタッフが担当!それでも早めに到着した参加者さんが手伝ってくださり、みんなで一緒に20人分のごはんを料理しました。

メニューはもちろん、普段から『みんなの食卓』で利用している「ヨシケイ」のもの。この日のメニューは日向鶏のチキンカツ、ツナ大根のコンソメ煮、明太しゃきしゃきポテト。自分がCOOKをした『みんなの食卓』の話など、料理中も話が尽きません!

とっても良い匂いが、会場中に漂います。

みなさん揃ったところで、いただきま~す!

 どんなCOOK・オーナーがいるの?自己紹介タイム!

美味しいごはんをもぐもぐしながら、まずはみなさんの自己紹介タイム。

「なんで『みんなの食卓』でCOOK・オーナーを始めたの?」「楽しい!って思う時ってどんな時?」それぞれのストーリーをシェアしました。それでは、何人かの方を紹介したいと思います。

2tom(つとむ)さん  (COOK・オーナー)

最近浜田山の自宅で『みんなの食卓』の開催を始めました。自宅で開催するので、COOKも自分がやります。ごはんを食べに来てくれる方が率先して手伝ってくれるので、片付けもスムーズに終わって助かっています。奥さんも入れて定員は5名。この人数が1つのテーブルを楽しく囲むのにぴったりなんです。毎回和やかで楽しいひとときを過ごせるのでもはや趣味の一つです!

Riekoさん(COOK)

キッチハイクに興味はあったけど、使ったことは無かったんです。そんな中、「COOK・オーナーに興味がある人向け」の『みんなの食卓』を見つけました。「これは行くしかない!」と思い参加してみると、まさに私がしたいことだ!と感じました。そして、あっという間にCOOKデビューしていましたね(笑) 次の夢は、自分の作った器を使ってPop-Upを開催することです。

Harukoさん(COOK・オーナー)

元々、『みんなの食卓』会場のひとつである「mogmogはうす」で『みんなの食卓』COOKをしていました。自分が作った料理を、みなさんが喜んで食べてくれるのが嬉しくて、『みんなの食卓』の魅力にどっぷり浸かりました。その後スタッフの方に「Harukoさんの自宅でも『みんなの食卓』を開催しませんか?」って声をかけていただいて。結果、今月から南越谷の自宅で、開催することになりました。埼玉県では初開催みたいですね。すっごく楽しみです!

他にも、姉妹で『みんなの食卓』COOKをしている!という方もいれば、シェアハウスをもっと人が集まる場所にしたくて『みんなの食卓』オーナーを始めた!という方もいたり。始めたきっかけはみなさんさまざま。ですが、みなさんの共通点は「温かい食卓の場を作りたい!」という思いのもと、『みんなの食卓』の開催を本当に楽しんでいらっしゃるということです。

『みんなの食卓』の誕生秘話って?

ご飯を食べ終わった後は、スタッフの川上より『みんなの食卓』誕生秘話をお話しさせていただきました。

もともと『みんなの食卓』は、献立作成や買い出しなどの手間を無くして、COOKもHIKERも、楽しいことだけに専念できるような仕組みはできないのだろうか?」というような思いから始まりました。しかし、その仕組みづくりを作っていくためには、試行錯誤の日々だったのです。

例えば、今では会場に当たり前のように届く、「ヨシケイ」のミールキット。当初は、「キッチハイクで工場を作って自家製のミールキットを作ることも考えてた!」なんていうエピソードには、一同びっくり!

毎月30ヶ所以上で開催されている『みんなの食卓』はもうすぐ一年を迎えます

今では、会場の目印になるキッチハイクの看板を自ら作ってくださる方や、個人のブログやSNS上で『みんなの食卓』の楽しさを発信してくださる方が自然発生的に増えている様子に、我々の感謝はつきません。

みんなで盛り上げる『みんなの食卓』

感謝祭も終盤に差し掛かり、会場からの質問タイムに。「こんな時はどうしたら良い?」「こんな機能が追加されたらもっと楽しい!」というような質問やリクエスト、また衛生面で心がけたいポイントの確認など盛りだくさん!みなさんの意識の高さに、大きなパワーをもらえました。

そして、さらに、みんなでこんなものを作りました!

これは、COOKさん・オーナーさんの手書きメッセージが入った『みんなの食卓』オリジナルチラシです!

各会場においてある『みんなの食卓』チラシに一工夫!みなさんの想いがこもっていてとってもあったかい。全ての会場に足を運んで、チラシを集めたくなってしまいます。

そして…最後には、スタッフからみなさんに感謝を込めて、キッチハイクカラーの赤と青のカップケーキが登場!

「すごーい!可愛い!」と、みなさん大興奮!カップケーキを食べながら、最後までおしゃべり。

オーナーさんが自分の『みんなの食卓』会場について話すと「そこ、うちの地元の近くです!今後COOKさせてください!」なんて盛り上がることも。

『みんなの食卓』にまずはHIKERとして参加をし、いつの間にかCOOKさんやオーナーさんになっている!っていう方が、最近すごく増えています。

それはきっと、参加した『みんなの食卓』の場にいるCOOKさん・オーナーさんが、本当に楽しんで開催をして、その輪が自然に広がっているから。

これからも『みんなの食卓』はどんどん盛り上がっていきます!

あなたも『みんなの食卓』COOK・オーナーになってみませんか?

キッチハイクでは『みんなの食卓』COOK・オーナーになりたい方を大募集中です。「『みんなの食卓』の魅力をもっと知りたい!」っていう方は、以下のページをチェックしてみてくださいね!

『みんなの食卓』COOK・オーナーに興味がある方はこちらから

また、COOK・オーナーに興味がある方に向けて開催している『みんなの食卓』ミートアップも開催中です!ご参加お待ちしています!