日本と大きく違う結婚観!病み付きになるスパイシーなジャマイカ料理で人気のロイさんに聞きました【COOK紹介】

海外好き、料理好きの「ママスタ」編集部とKitchHikeがコラボして始まったこちらのコーナー。日本に住んでいる外国人COOKのお宅に訪問し、料理を作ってもらいながら母国の文化や日本で感じることなどざっくばらんにおしゃべりするというなんとも美味しい企画。世界の家庭料理や彼らのライフスタイルをお届けしていきます!

今回は、ジャマイカ人のロイさんにインタビュー!
15

こんにちは〜!ロイさん、普段は何をされているんですか?日本に来た理由を聞かせてください!

– ロイさん (以下、敬称略)
僕はもともとアーミーで沖縄に2年いたんだ。その後一回アメリカに戻ったんだけど、日本が好きだから今度は東京に来て、今は幼稚園で英語の先生をやっているんだよ!

なるほど!だからそんなに……しっかりしたカラダなんですね。納得です。しかも幼稚園の先生とは、優しそうですね。見た目の強そうな感じとギャップがあります (笑)。

ジャマイカではドラム缶に炭火でジャークチキンを焼く光景が日常的

ジャマイカは、中央アメリカ、カリブ海にある島国。ジャマイカといえばレゲエの本場。そして青い海に白砂のビーチ……そんなイメージですが、ジャマイカのごはんっていったい……?早速ロイさんと一緒にクッキングスタート♪
「ジャマイカ料理といえば、ジャークチキンに、ソルトフィッシュ、ライス・アンド・ピーズ (豆ごはん) さ!」と言うことで、まずは「ジャークチキン」から!

「ジャークチキン」は、鶏肉にシーズニングという、オールスパイス、ナツメグ、シナモン、オニオン、ガーリック、ブラウンシュガー、タイム、チリなどをブレンドしたスパイスを下味につけて焼いたもの。
まずは200度のオーブンで25分、裏返して25分、また裏返して30分で出来上がり!どんどん色が濃くなっていきます。
1

途中味見させてもらったところ、ものすっごくスパイシー!!「ひ~!ロイさん水をくださーーい!!」と言って出てきたのはものすごく強いカクテル……。どうやらラム酒はジャマイカの特産品のひとつらしい。お水お願いしたんですけどね……。ロイさんもレゲエが流れる中ビールを飲んでノリノリでお料理中なので、これは、ついていくしかなさそうです!
ちなみにシーズニングはカルディなどでも売っていて、つけて焼くだけなので日本でも簡単に再現できちゃいますよ。

熟す前のアキーを食べると猛毒で死ぬことも……!?

「ソルトフィッシュ」は、アキーという木の実と、塩漬けの魚を使った料理。アキーの実を食べるのはジャマイカだけだそう。料理に使うのは、黒い部分ではなく白い部分。これが缶詰で売っているので、一年中食べられるそうです。缶を開けてそのままの状態で食べてみましたが、なんだか淡白で、白子みたいな食感。見た目はゆで卵の黄身みたい。これを料理するなんて全く未知の食べ物です!
5

塩漬けの魚は、干しダラを使います。まずは干しダラをゆで柔らかくなったら、ほぐしながら骨を取り除きます。
フライパンにオリーブオイルを熱して、タラを炒めオレガノ、シーズニング、タイムをぱっぱっと。
8

一度ボウルに移して、同じフライパンで小ネギ、スライスしたタマネギ、トマトの角切り、赤・黄・オレンジのパプリカの角切りを炒め、オレガノ、シーズニング、パセリ、黒胡椒で濃いめに味付けします。先ほどのタラを戻し、水を切ったアキーの缶詰を入れて混ぜてフタをして蒸し焼きにして完成!

4

日本であずき缶を買ったらペースト (こしあん) でとんでもなく驚いた

次は、ジャマイカの豆ごはん、「ライス・アンド・ピーズ (Rice and Peas)」です!
現地では、「レッド キドニー ビーンズ」を使っているそうですが、日本で作れないものかとスーパーで赤い豆を探したロイさん。あずき缶を見つけ、これならできそう!と購入。しかし家で開けてみたら……「あれ!? どうしてペーストになっちゃったの!?」とすごくびっくりしたそう (笑)。
もう一度スーパーにいき、「レッドビーンズが欲しい」と言って差し出されたのは同じこしあん。「これじゃないんだ!僕が欲しいのはこのパッケージの写真のレッドビーンズなんだ。ビーンズだってば。ビ・イ・ン・ズっ!!」と何度も説明してやっとゆであずき缶にたどり着いたそう (笑)。

さて、作り方はとっても簡単!洗ったジャスミン米 (長細いお米がベスト) に、ゆであずき缶を入れ、ココナッツミルク、お水を入れて炊飯器で炊くだけ!ちなみにジャマイカでは白米は食べないそうですよ!

2

そうして作っているうちに、ジャークチキンが完成です!

6

この時点でお腹はぺこぺこ。でもまだ作ってくれるということで、サイドディッシュとデザートもご紹介したいと思います。さらにジャマイカの結婚観についても聞いてみちゃいますよ!

10

ジャマイカのサーターアンダギー!?フライド・ダンプリングとは!?

ジャマイカで定番のサイドディッシュを作ってくれるというロイさん。その名は……
「フライド・ダンプリング」。いったいなんでしょう……。小麦粉とベーキングパウダーと砂糖と塩で作るそう。揚げるってことはドーナツみたいなもの?
「沖縄の丸っこい硬いドーナツみたいなもの」とのこと。
丸っこい硬いドーナツ……?あ~!サーターアンダギーってことね!イメージできました (笑)!

早速作っていきましょう!ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩、牛乳と水を入れて手でこねます。まとめて冷蔵庫に30分寝かした後、長細く伸ばし、小さく丸めていきます。それをベジタブルオイルで中火でじっくり揚げるだけ。

16
(左)まとめて長細く伸ばす(中央)ちぎって小さくまとめる(右)油で揚げる

プリンじゃない!ジャマイカの郷土菓子スイートポテトプリン!

「デザートは、ココナッツケーキかポテトプリンのどっちがいい?」とロイさんに聞かれたので、「ポテトプリンってどんなもの?」と聞いたところ、「ココナッツミルクやシナモンで味付けしたさつまいものお菓子だよ。でも卵は入らないからプリンじゃないけどね」と言われ、ん〜……全く想像できない (笑)!と思い、「ポテトプリン」を作ってもらうことに。ちなみに「ココナッツケーキ」の作り方も聞きましたが、材料も一般的でオーブンで焼くココナッツのケーキということでなんとなくイメージできたので「ポテトプリン」を選びました。

どうやら、生のサツマイモをすりおろして使うそう。「すごく疲れるから手伝ってくれ!」と言うので立派なサツマイモを2本すりおろしましたよ。いや~疲れました。こんな筋肉のない私に頼むより、元アーミーで腕筋モリモリなんだからロイさんもうちょっと頑張ってほしいな (笑)。

11

すりおろしたサツマイモ、ココナッツミルク、ラムレーズン、ブラウンシュガー、小麦粉、ナツメグ、ジンジャーパウダー、シナモンをボウルに入れて混ぜ、後は型に流して180度のオーブンで1時間半焼くだけ!出来上がるのを待って、さあ作ったごはんを食べましょう!

(左)サツマイモをすりおろす(中央)スパイスを入れて混ぜる(右)焼く前の状態
(左)サツマイモをすりおろす(中央)スパイスを入れて混ぜる(右)焼く前の状態

スパイシーなジャークチキンと甘い豆ご飯が止まらない~!

9

味見した時からスパイシーだった「ジャークチキン」。でもただ辛いだけでなく、クセになる味!なので、甘い「ライス・アンド・ピーズ」を食べるとおいしい!そしてまたチキンが食べたくなって、ご飯を食べて……の繰り返し。わ~止まらない (笑)!

干しダラとアキーの実を炒めて作った「ソルトフィッシュ」は、調味料を多めにふっていたこともあり、かなり濃い味付け!それが淡白なアキーによってちょうどよいバランスに。しっかり炒めたパプリカの甘みもあるし、アキーは初めて食べる食感ですが、総合的になんとなく南国の食べ物っぽい。これもおいしくて何度もおかわりしちゃいました!

1457600341-e68f0f8b1ab916e334b1bad625c6a938-430x290

「フライド・ダンプリング」は、まさにサーターアンダギーのように、ぎっしりして、味自体はあまりないのですが、おかずと一緒に食べるとおいしい。ご飯が甘いので、「ソルトフィッシュ」と一緒に食べるのがおすすめです!「ジャークチキン」は「ライス・アンド・ピーズ」とセットで食べて、「ソルトフィッシュ」と「フライド・ダンプリング」をセットにするといいのかも。

7

そして最後に焼けた「スイートポテトプリン」。あんなに生のサツマイモをいれているのにサツマイモの味はあんまりしなかったです。むちっとして、レーズンのラムが結構効いていてケーキっぽくもないですが、蒸しパンをぎゅっと押し詰めたような感じ。プリンというのは、Puddingのことで、ケーキを意味するのでプリンとは全然違うんですね。想像もつかないような出来で、異国感たっぷりのメニューでした。

ジャマイカでよく聞く”Baby mother””Baby father”とは

13

料理を食べながら、ロイさんにジャマイカと日本の子育ての違いについて質問してみました。

日本とジャマイカで結婚観の違いは感じますか?

– ロイ
日本人の夫婦はあんまりハッピーじゃないと思うな。日本の女性は30歳までが結婚の目安にしていて、周りを見ても、好きじゃないのに結婚しているように感じるんだ。日本の男性も夜遅くまで仕事して、飲んで寝るだけの生活であまり良い生活じゃないなぁと思うよ。ジャマイカは、”Baby mother””Baby father”という言葉があって、これは「未婚の母」「未婚の父」と言う意味なんだ。
だから、兄妹だけどお父さんが違うこともよくあるし、子供が大きくなって、誰がお父さんか分からないことだってあるよ(笑)。

ジャマイカでは子供をムチでバシーン!バシーン!と叩く!?

子育ての違いはありますか?

– ロイ
全然違うね!僕は幼稚園の先生をしているから教育の違いに本当にびっくりするんだ。日本は本当に子供に対して優しすぎる。ジャマイカは、子供を強く育てたいと思うから、赤ちゃんの時から日本の子より強いと思うよ。身体だけでなく、メンタルの面もそうさ。ジャマイカは小さい時から料理を習ったり、一人で生きていけるように育てるけど、日本の子は自信がない子が多いなと感じるね。

例えば子供が学校で悪いことをしたとするでしょ?先生が子供にだめだよと言って、親に言うと、親も同じで〇〇しちゃだめだよって言って終わり。ジャマイカだったら、先生が子供にムチでバーンッと叩くよ!手加減はしない。そして家に帰ったら親からもムチ打ちが当たり前だよ!子供が親に対して「No (ノー)」なんて言ったらバシバシ叩かれるよ。みんなそうやって育っているんだ。

学校も親もムチ打ち!?そんなこと本当にあるんですね。色々な国の結婚観や子育ての違いを聞いていますが、本当に国によってさまざまですね。ロイさん、美味しいジャマイカ料理をたくさん作ってくれてありがとう!

Information

ロイさんの家庭料理を食べに行ってみよう!

roy-menu
メニューボタンCOOK一覧ボタン

ママスタセレクト『突撃、世界ごはん!』

mamasta_logo

日本に住んでいる外国人のお宅に訪問し、家庭料理や母国の文化、日本でのライフスタイルなどをインタビュー!ママスタセレクトでは、ママの本音が集まる『ママスタジアム』の厳選トピックスの他、育児、家事、レシピ、旦那に関するママの気になる記事を配信中です。
http://select.mamastar.jp/