カレーライスは「完全食」。サイボウズ青野社長の原点ごはんをいただきます!

こんにちは、KitchHike編集部です。

著名な方にCOOKになってもらう、無茶振り企画「原点ごはん」の第一弾!

「原点ごはん」は、起業したばかりで苦しかった日々、売れていなかったあの頃、仲間と毎日食べていた、いまも覚えている思い出の味。そんな料理をふるまってもらう企画です。

今回登場いただくのは、日本最大級のグループウェアを提供するサイボウズ株式会社の代表取締役社長であり、育児と仕事を両立するワークスタイルを自らが取り入れ積極的に支援するイクメン代表、そしてノリの良さからなんでもやってくれそうな社長No.1(※当社調べ)の、サイボウズ株式会社の青野 慶久社長です。

今回の会場はサイボウズ社内にある「CYBOZU BAR」。サイボウズ株式会社は、オフィスKitchHikeの「コミュニケーションランチ」プランを導入いただいています。

社員に思い出の味を振る舞うべく、調理スタート!

なぜ、「原点ごはん」にカレーライスを選ばれたのでしょうか?

–青野 慶久さん(以下、青野社長)

一回作れば何日も食べられるので、学生時代によく作っていたんです。今は、子ども(7歳・5歳・2歳)が食べてくれるんで、家でよく作ります。野菜もとれるし肉もとれるから、僕の中ではカレーライスは「完全食」。あと、カレーには牛乳派です。

初めて見る1500gのひき肉に「こんな量、見たことない!」と興奮する青野社長。
初めて見る1500gのひき肉に「こんな量、見たことない!」と興奮する青野社長。
カレーの香りを嗅ぎつけて、続々とギャラリーが集まってきました。
カレーの香りを嗅ぎつけて、続々とギャラリーが集まってきました。

会社でも料理を振る舞う機会はありますか?

–青野社長

前は「料理はぼくが作ったら負け」と思っていた時期もあったんですが、実際に作って食べてくれる人がいると嬉しいもんで。サイボウズ式(※サイボウズ社のオウンドメディア)の企画で何回か作りましたし、過去に社員とスープ対決をして大量の豚汁を作ったこともあります。意外と料理してますね。笑

初めて対峙する、10合の炊きたてご飯と格闘中。
初めて対峙する、10合の炊きたてご飯と格闘中。
「まだですかー?」とカレーを催促し始める社員のみなさん。
「まだですかー?」とカレーを催促し始める社員のみなさん。
「うん。こんなもんやろ!とろみ加減。」の声に周りから「味じゃなくて?!」とツッコミが。
「うん。こんなもんやろ!とろみ加減。」の声に周りから「味じゃなくて?!」とツッコミが。
飾り付けに目玉焼きとパセリのコンビネーション技を決めて完成です!
飾り付けに目玉焼きとパセリのコンビネーション技を決めて完成です!

みなさん揃って、いただきます!

新人、2年目、ベテランの選ばれし4名が目玉焼きありバージョンをゲット!
新人、2年目、ベテランの選ばれし4名が目玉焼きありバージョンをゲット!

料理を始めたきっかけや、思い出深いエピソードはありますか?

–青野社長

料理はね、妻に言われて始めたんです。大学時代に付き合い始めた頃、テレビの影響でカレーの隠し味にチョコレートを入れる癖があって。妻には入れる前に「やめて!」っ言われてたんですが、こっそり入れてました。

今日のカレーのお味はいかがでしょうか?

–社員

悔しいくらい、おいしいです!なんだか自分の実家の味がして、青野さんの家で育ったかもと思うくらい。青野さんがFBに料理写真を投稿しているのをチェックしているので、気になるメニューはいっぱいあります。週一で何か作って欲しいですね。

「半熟卵が相性抜群!」「ひき肉カレーは初めてだけど美味しい!」と大好評で、あっという間になくなりました。
「半熟卵が相性抜群!」「ひき肉カレーは初めてだけど美味しい!」と大好評で、あっという間になくなりました。

15人分のカレー作り、お疲れ様でした!本日はいかがでしたか?

–青野社長

食ってみんなが好きなコンテンツだから、ものすごくターゲットの広いイベントの場になるなと思いました。これがスポーツとかだと、好きな人もいるけどそうじゃない人もいる。ご飯(特にカレー)なら嫌がる人いないから、やっぱり料理ってすごいですね。結構評判良かったようなので、気が向いたらまた何か作ろうかな?笑

みなさん食べ終わってひと段落。青野社長、お疲れさまでした!
みなさん食べ終わってひと段落。青野社長、お疲れさまでした!
人が自然に集まり、暖かい時間が生まれてKitchHikeチームもほっこり。サイボウズのみなさん、すてきな時間をありがとうございました!
人が自然に集まり、暖かい時間が生まれてKitchHikeチームもほっこり。サイボウズのみなさん、すてきな時間をありがとうございました!

オフィスのキッチン、もっと活用しませんか?

「キッチンはあるけど、料理ができる人がいない。」そんな時は、KitchHikeのCOOKがごはんを作りに伺います!

また、「オフィスKitchHike」を導入いただいている会社さま限定で、KitchHike編集部がお邪魔してオフィスの様子を記事にします。社長のごはんが食べてみたい!そんな会社も募集中です。

オフィスで食を通した新しいコミュニケーションの形、試してみませんか?

「オフィスKitchHike」へのお問い合わせは、下記リンクのご利用プラン別「お問い合わせ」ボタンから!

誰のごはんを食べに行く?