実家が恋しくなった方は、我が家へお越しください。〜市ヶ谷・Saoriさんの食卓〜

こんにちは!KitchHikeマガジン編集部です。

キッチハイクの楽しいところや活用方法を、使っている人たちに聞いてみました!

今回ご紹介するのは、市ヶ谷でCOOKをなさっているSaoriさんです。

Pop-Upを開催した数:14回 Saoriさん

COOKPop-Upを開催した数:14回 Saoriさん

わいわい賑やかな食卓を囲むのが大好きなsaoriです!
和食を好んでよく作ります。洋食や中華、簡単な手ごねパンなどレパートリーを少しずつ増やしています。
最近、寒天を使ったスイーツと玄米にはまっており、キッチハイクでそういったレシピも提供させていただいています。
実家のご飯が恋しくなった学生さんや社会人さん、ぜひお越しください^ ^

詳しいプロフィールはこちら

我が家のごはん風景に溶け込んで「いただきます」

自宅の居間でPop-Upを開催しています。開催日時にもよりますが、うちの夫と2歳の息子・3ヶ月の娘もHIKERさんと一緒にごはんを囲みます。なのでPop-Upというよりも、来てくださる方にはウチの毎日のごはん風景に溶け込んでもらう感じですね。
こちらとしては本当にいつも通りなのですが、玄関で「はじめまして」してから、うちの家族に囲まれて「いただきます」するまでの流れがあまりにも自然すぎるようで、逆に驚く方もいるようです(笑)。

料理は実家直伝の家庭料理をお出ししています。実家が兵庫の米農家なので、ごはんは実家から送ってもらったものを炊いています。最近来ていただいたHIKERさんに、とても美味しいと言っていただきました。

2歳の息子は遊び盛りで、HIKERの方がいらっしゃるとはしゃいで踊り出してしまいます。
ディナーショーだと思って楽しんでもらえれば私も嬉しいです(笑)。

家族以外の人ともごはんを食べる機会がほしいと思って

子どもができて外食の機会がめっきり減りました。

家族と一緒にごはんを食べるのもとてもいい時間なんですけど、わいわい賑やかな食卓を囲むのが好きで、いつもと違う人をお招きするのもまた別の楽しさがあるなと思って。そんなときにテレビでキッチハイクのことを知り、これはおもしろそう!と思って始めてみました。

初めてのHIKERさんは、会社のお昼休みに来てくれたオフィスワーカー!

一番最初のPop-Upで、なんと6名の方に予約していただきました。
お昼時の開催だったのですが、お一人を除いて、あとは会社の同僚の方々だったそうです。場所が市ヶ谷ということもあり、会社の休み時間に来てくださる方もいるのだなと感じました。
他のお昼のPop-Upに参加してくださった方の中には滞在時間30分でお帰りになられた方もいらっしゃったのですが、そのようなお忙しい中でも足を運んでいただけたということがとても嬉しかったです。
お仕事の合間にほっこり一息ついてもらえていたらいいなあと思います。

Pop-Up用の鰹節は夫に削ってもらっています。

夫婦そろって出汁にハマった時期があって、いつか二人でお店でもやりたいねと話していた時期があったんです。なので、料理のお出汁にはちょっとこだわっています。築地で色々な乾物を仕入れていて、冷蔵庫には常に出汁のストックがあるんですよ。

鰹節は鮮度が命なので、Pop-Upのたびに夫にかんなで削ってもらっています。ふわふわ舞って、台所の掃除機がけが大変なんですけどね(笑)。

食べに来てくれる方に、ぬくぬく、ほっこりしてほしい。

3ヶ月前に娘を出産してから、2人のこどもの相手をしながら、しかも夫がいない状態で開催する昼のPop-Upはさすがにきびしいかなと思っていました。
でも、親子づれのHIKERさん向けに開催するPop-Upなら子どもがぐずってもお互い様よね、とも思いましたし(笑)、2人目が生まれて離乳食づくりにもだいぶ慣れて、こどもたちのために栄養満点&ヘルシーな料理をこころがけて日々試行錯誤しているので、小さなお子さんがいるママさんにも気軽に参加してもらえるようなごはん会をやっていきたいと思っています。

もちろん、晩ごはん会も引き続きやっています。こどもがいるのでお開きは早いですが、のんびりした時間を過ごしたい方はぜひ我が家に来ていただければと思います。

▼近日開催予定のSaoriさんのPop-Upはこちら!