ピルスナーの再発見!新聞記者が生み出す新時代のピルスナー『MJ PILS』をみんなで飲もう! HOPPIN’ GARAGEビール第8弾、柏木凌真さんの『MJ PLS』乾杯レポート

2018年10月に始まった『HOPPIN’ GARAGE』。
「こんなビール、あったらいいな」という熱い想いを持った人が、つくりたいビールをサイト上で応募して、HOPPIN’ GARAGE事務局の審査の上で選ばれた人がサッポロビールのブリュワー(醸造責任者)と一緒にオリジナルビールを製造するという、ビール好きにはたまらないプロジェクトです。

HOPPIN’ GARAGE 第8弾のビールを手がけたのは、現役の日経新聞記者である柏木凌真さん。ビール業界の取材を担当し、プライベートでもよくビールを飲むという柏木さんは公私ともにビール好き。そんな柏木さんが考案したオリジナルビール『MJ PLS』には、柏木さんとビールとの思い出、そして柏木さんのビールに対する熱い想いが詰まっていました。今回は、柏木さんのオリジナルビール『MJ PILS』のお披露目Pop-Upをレポートします!

創建85年!日本最古のビヤホールに大集合

『MJ PLS』お披露目Pop-Upの会場は、現存する日本最古のビヤホール『ビヤホールライオン 銀座七丁目店』の7階にある宴会場『クラシックホール』。2019年で85周年を迎えたこのビヤホール、なんと内装はほとんど創建当時のままだそう!重厚な内装と大きなシャンデリアが特徴的な格式高い宴会場に、ぞくぞくと本日の参加者が集まります。いよいよPop-Upが始まります!まずは、ビールの考案者である柏木さんよりご挨拶。
「今回、思いがけずこの企画に参加する機会を頂きまして。自分の作ってほしいビールを、大手メーカーであるサッポロビールのブリュワーさんが作ってくれるなんてことは、とても貴重な機会なので、しっかり味わって楽しみたいです。」(柏木さん)

やっぱりピルスナーが1番好き!ピルスナーへの愛が生んだ『MJ PILS』

HOPPIN’ GARAGEにとって、令和元年初のオリジナルビールとなる『MJ PILS』は、柏木さんにとっても人生初のまたとない機会。大勢のビール好きが集まる会場で、柏木さんの音頭と共に『MJ PILS』でカンパイ!柏木さんは、HOPPIN’ GARAGEを知った先輩記者からの「やってみたら?」という後押しから、ビールを企画することになったとのこと。

柏木さんらしさに溢れた、今回のオリジナルビール。ご自身の目線から開発秘話を語ります。

「このお話を先輩から頂いてから、やっぱり企画するなら自分が1番好きなビールを…と思っていろいろ考えました。それで気付いたんですが、自分はいわゆるクラフトビールより、日本のナショナルビールの方が好きだなあと。つまり、ピルスナーが大好きなんです。」(柏木さん)

「実は学生時代にヨーロッパを一人旅して。ベルギー、ドイツ、オーストリア、チェコと周遊して色んな街でビールを飲むという最高の旅だったんですけど。その時にチェコのビアパブで飲んだピルスナーが、僕にとっては人生で1番美味しかったんです。その思い出もあって、企画するならピルスナーだと決意をしました。そんな僕の大好きなピルスナーの魅力を、『MJ PILS』を通して再発見してもらえたらすごく嬉しいです。」(柏木さん)

ピルスナーへの並々ならぬ熱い想いを語った柏木さん。先輩からの無茶ぶりは、柏木さんのビールへの情熱へと昇華されたのでした。そんなピルスナー好きの柏木さんの為に!?今回のお披露目Pop-Upには、伝説のビールの注ぎ手と呼ばれるサッポロビールの海老原清さんがご登場!ビヤホールライオン創建当初からカウンターに立つ海老原さんは、ビールの液体と泡を同時に注ぐ銀座ライオン独自の「一度注ぎ」の名人。きめ細かくてクリーミーな泡が魅力の海老原さんのビールを、柏木さんも参加者の皆さんもたっぷりご堪能。

現役記者の生取材!?『MJ PILS』開発秘話をブリュワーに迫る

今回は考案者のトークショーだけでなく、現役記者である柏木さんからサッポロビールのブリュワーとマーケティング担当への生取材も行われました。―HOPPIN’ GARAGEで様々なオリジナルビールを手掛けてきたかと思いますが、今回の『MJ PILS』はこれまでと比較してどの様な特徴がありますか?(柏木さん)

「これまでのオリジナルビールは、原料がすごく個性的なものが多くて。でも今回はそういった個性的な原料は一切使わないということで、どの様に個性を出すのかすごく悩みました。なので、ホップの添加方法や酵母の活かし方によって、いわゆる通常のピルスナーとは違った個性的な味わいを表現したつもりです。」(サッポロビール ブリュワー成瀬さん)―大手のビールメーカーとして、クラフトビールの盛り上がりには今後どの様に向き合っていくつもりですか?(柏木さん)

「今は「大手」と「クラフト」というレッテルがありますが、今後はそういう垣根も無くなっていくんじゃないのかなと。僕自身はサッポロビールで働いていますけど、ビールって大手メーカーだけじゃないし、色んな種類があるからこそ楽しい。これまでのビール市場のあり方を僕たちが率先して壊していくことで、新しいビールの文化を作れたらより良い方向に向かうんじゃないかなと思います。」(サッポロビール マーケティング開発部土代さん)先輩記者の急な思い付きと、柏木さんのピルスナーへの愛が生んだ『MJ PILS』―。柏木さんをはじめとする、様々な人の様々な思いがたっぷりと詰まった『MJ PILS』は、美味しいだけじゃない、とても味わい深いものでした。最後には、次回のオリジナルビール考案者でありHOPPIN’ GARAGE公式アンバサダー隊長のRen Hasudaさんが登場!柏木さんと同じく、大のビール好きだというRenさんは「あんこ」味のビールを企画したのだそう。一体どんな味になるのでしょうか!?柏木さんからRenさんに、しっかりとバトンタッチ!『HOPPIN’ GARAGE』第9弾ビールのお披露目は、6月22日(土)に開催が決定。次回のオリジナルビールもお楽しみに!